FITA東北スペイン遠征大会2日目

114

午前中はレアルマドリードの本拠地、サンティアゴベルナベウへ!

スケールの大きさに終始圧倒されてましたが、レアルのオフィシャルショップでも買い物ができ、最高に楽しめたようです!

さあ、そして、午後からは試合!

2試合目

vs Rayo vallecano

1-6

3試合目

vs ED Molataraz

0-6

選手達は世界の壁を痛感しています。非常にレベルの高い相手に成す術がない状態。面白いように回され走らされ、、でもその中で1点取れたことは良かった。流れの中から、3本、4本とパスを回し、最後はカイトが1人かわしてシュート。

みんなもただ、やられて終わっているわけではなく、少しでも成長しようとミスを繰り返しながらもトライして、選手達の中でも声を掛け合いながら、ちょっとずつだが成長を感じる試合をしている。

相手は特段身体が大きいわけでも強くて速いわけでもない。普段のトレーニングの意識、積み重ねでここまで変わる。

いま選手達はそれを感じているはず。ではこれからどうしないといけないか。明日の試合もだし、帰国してからも。

この衝撃をどれくらい受けとめて感じられるか。

明日は最後の試合。何としてでも勝ちをもぎ取ろう。