FITA ドイツ遠征 帰国

399

さあ、帰国!

短い遠征でしたが、内容はとても濃かったと思います。

この遠征を通して、本気で悔しい思いを持って、またいつか見返してやりたい、もっと上手くなりたい、絶対プロになってやる。

というスイッチを押せるかは、親でもコーチでもなく、自分次第です。

感受性のある人間になってもらいたいです。

そして、サッカーだけではありません。今回の遠征(大会)では、ドイツ人やスイス、オーストリアの選手とも仲良くなり、電話番号聞きあったり、写真取り合ったり、下ネタ教えあって盛り上がったり、可愛い女の子にほっぺにチューしてもらったり、、

これも財産になります。世界は広いですが皆同じです。

たくさんのことを経験して、自分の将来、可能性をどんどん広げてほしいです。

さあ、そろそろフライト!

現地でお世話になった加藤コーチにも挨拶。

そして、早めに空港インして余ったユーロ紙幣を使い切ったので、もう思い残すこともないでしょう。

日本に着くまで、最後まで楽しもう。

予定通りのフライトです。