U12メジムレツ日本選抜〜クロアチア遠征5日目〜

131

クロアチア遠征5日目

いよいよ今日が運命の分かれ目、グループリーグの残り2試合を戦います。

朝の集合時、さすがに少し疲れてきてるかなという感じで大人しい様子でした。

ただ、体調不良や食欲不振はゼロ、今回の遠征それは彼らを本当に評価して良いと思います。

1試合目の相手はポーランドのレギア・ワルシャワ(Legia Warsava)

あの松井大輔も所属したポーランドきっての名門クラブです。

昨日の流れからで、不安だったのは勝ち点を持ってるがあまり、守りに入ってしまうこと。強い相手はそこのところを容赦なくつけこんできます。

しかし彼らは緊張する事なく試合に入り、どちらかといえば主導権を握りました。

しかし、相手のファーストシュートでミスが絡みまさかの失点。

油断はなかったとは思いますが、思わぬビハインドにより前がかりな試合になります。

惜しいシュートチャンスを何本も演出し、点が入るのは時間の問題かと思われた矢先、まさかの再びのミスから失点。

終わってみれば、チャンスは圧倒的にウチの方が多かったものの、0-2で敗戦となってしまいました。

決定力不足といえばそれまでですが、決めるところをきっちり決めた相手との差はそこにありました。

ただ、引きずってはいられません。

すぐに切り替えて、3試合で少しでも良い結果を手にし、リーグ戦を勝ち抜くことを目指します。

メジムレツカップ予選リーグ

第2試合 vs Legia Warsava(Poland)

0-2

2試合目、相手は地元のNKヴァラジュディン(NK Varazdin)

得失点差争いになる可能性がある事を伝え、とにかく試合を支配して前へ出ていくことを要求し試合へ臨みました。

立ち上がりから積極的に行き、後半にも得点。終わってみれば多くのメンバーを起用し無失点。最低限の結果を揃え、後は他チーム同士の対決の結果に運命を委ねます。

メジムレツカップ予選リーグ

第3試合 vs NK Varazdin(Croatia)

3-0 (ユキマサ、ハク、ルキ)

そしてその後に開会セレモニー。街を挙げて歓迎を受けている様子を随所に感じました。

出場しているチームをみると、本当に名のしれたチームばかりですね。レベルも本当に高いです。

言葉は話せないし通じない。

けれども一緒にボールを蹴った、サッカーをした、本気で戦ったら自然と仲良くなって写真を撮る子どもたち。

改めてサッカーは素晴らしいな!と感じてます!

そして、開会式の後、運命の試合観戦。

そこで、日頃の行いが出ました。

一勝一敗一分けで並び、得失点差でリーグを勝ち抜けました!

(ちなみにマリボルというスロベニアの去年CLに出ていたようなチームも下位リーグです。。。)

今のとこ、今大会での最大のサプライズと言われてるようです。笑

選手達は間違いなく良くなってますし、殻にこもっていたものを剥いて自分を表現し始めています。

この活躍がフロックではない事を、明日またみせてやりたいと思います!!

ベスト8の対戦相手は、オーストリアの名門、シュトームグラーツに決まりました!