【モンテネグロカップ戦】2人の日本人サッカー選手の快挙

1148

今週 モンテネグロではカップ戦 日本でいう天皇杯ベスト4をかけた試合が行われました。
モンテネグロ2部 (FKイガロ)に所属する 竹本章人選手 高橋一輝選手がベスト8に残っており ホーム&アウエーでの試合を戦いました。
1戦目を0vs1で落としてはいるものの相手のホームに乗り込んで勝利すれば、ベスト4進出になります。


竹本はSBでスタメン 90分 フル出場


高橋はSH 50分 途中出場
去年1部の所属していたFKロブチェン リーグ戦の結果も格上との対戦になりましたが、接戦の末 3vs1で勝利 合計 3vs2で ベスト4進出を決めました。
これはチーム設立以来の快挙 歴史的勝利であり、町は大騒ぎで盛り上がっています。

外国人枠が2名である中に日本人選手がチームを引っ張っているのは素晴らしいことです。

竹本 高橋は共にスペインで力をつけてモンテネグロへと挑戦していることもありスペインでの経験が活かされ、選手として人としての成長が間違いなくチームへの原動力になっています。

リーグ戦では良い結果は出ていませんが、1部のチームと準決勝を戦い決勝へと進出して欲しいと思います。

優勝チームはヨーロッパリーグ予備予選へと2部チームでも進出できる夢があります。

下記 選手コメントです。

竹本選手のコメント

”リーグ戦では中々結果が出なく、苦しい時間が多かったですが、ベスト4進出という結果を残せたことはとても嬉しいです。

次の相手も格上ですが、とてもいいチャンスなので勝ちたいと思います”


高橋選手のコメント

”リーグ戦では良い結果を残せていない中、2部リーグのチームとして国内カップ戦で史上初となるベスト4まで勝ち上がる事が出来素直に嬉しいです。
同時にベスト4に残った他3チームは格上だがサッカーは何が起こるかわからないので優勝(ヨーロッパリーグ出場)を目指して頑張ります! ”

チームの快進撃 2選手の活躍を願っています!
# チーム情報 OFK igaro モンテネグロ2部 所属

https://en.m.wikipedia.org/wiki/FK_Igalo_1929