イタリア全土で活動するからこそ日本人選手が活躍できる理由

138

ユーロプラスはイタリア内において1つの地域にこだわらずに全土にわたって、活動しています。北はエミリアロマーニャ州から南は内山選手(セリエB女子)等がプレーするイタリアの踵とも言われるプーリア州。

西海岸には日本人イタリアセリエAデビュー最年少の生駒選手がグロッセートでプレーしており、東海岸にはリゾート地でもあるリーミニに2選手がプレーしております。

その理由はいくつかあります。

その1

地域によってホスピタリティーの度合いも変わってきます。南に行けば行くほど、人と人との距離が縮まります。

1年目の選手には言葉や環境の変化がストレスになります。思ったプレーができない。と悩みがちでもチーム関係者との距離がパフォーマンスの下降を軽減してくれたりもします。

その2

レベルの高い州と低い州が同じカテゴリーでも存在します。大都市や大学がある地区に行けば行くほど競争率が上がり、条件が出にくくなります。

その3

大都市の物価の高さにより、生活が大変になるので出来るだけ、大都市を避ける。

その4

治安の良いところを選ぶ、安全は留学の中で一番大事な要素。

その5

選手の要望もききながら、各チームの状況に応じて決めることが大事。チーム、環境選びはその時の問題だけではなく、今後の選手の方向性を左右する重要なことであり、多くの要素を配慮しつつ決めるべきである。

トライアルが上手くいかなくても、広いイタリア絶対にマッチするチームはあるはず!

選手とコーディネーターが一体になることが大事!

#イタリアサッカー #サッカー留学 #フットサルセリエ #ユーロプラス #イタリアエージェント #イタリアサッカー留学 #セリエ #海外フットサル #カルチョ #カルチョアチンクエ #ユベントス