【サッカー留学からプロへ!】弊社サポートの岡田怜選手がVfBシュトゥットガルドと契約!

949

弊社サポートの岡田怜選手がVfBシュトゥットガルドと契約!

岡田選手は神奈川県の日本大学藤沢高等学校サッカー部出身の20歳。
高校卒業から海外でのプレーを目指しチャレンジしていた。
元日本代表の岡崎慎司がアドバイザーを務めるドイツ6部のFCバサラマインツからドイツでのキャリアをスタートさせた。

ドイツに適応できたのは!?

日本とドイツ(海外)のサッカーは大きく違う。
このギャップに適応することがステップアップには必要不可欠だ。

適応するためには、経験するしかない。

最も大きいのは実際の公式戦での経験だ。

岡田選手はバサラマインツ加入シーズンから多くの試合で出場機会を与えられ、チームからの期待をアシストなどの結果で示す活躍。
瞬く間に活躍の噂は広がり、複数のチームから注目される選手となった。

また言葉(ドイツ語)を話せる事の重要性を理解し、語学学校へも通っている。

少しずつ話せるようになっている実感を持ちながらも、試合をしている上でもっと話せるようにならなくてはと思う事も多く感じた。
そのため、もっと言語にも積極的に取り組んでいきたいと取り組んでいた。

ドイツ4部ショットマインツからVfbシュトゥットガルトⅡへ!

ショットマインツでは、3部リーグ以下が参加する国内カップ戦でチームを優勝へ導き、岡田選手の活躍が評価されVfBシュトゥットガルドへ練習参加をした。
2週間程度の練習参加ののち、彼の吸収力や順応の速さなども評価され、Vfbシュトゥットガルトとの契約を締結した。
同チームには、日本代表U-21のチェイス・アンリも所属。

トップチームには、遠藤航選手や伊藤洋輝選手が所属。
伊藤洋輝選手といえば、当初セカンドチームとの契約を予定していたが、パフォーマンスによってトップチーム昇格、そしてチームの残留に大きく貢献し、日本代表へと選出された。過去に日本代表の岡崎慎司選手や酒井高徳選手、浅野拓磨選手が所属したチームである。

今後、岡田選手はVfbシュトゥットガルトⅡで活動し、トップチーム入りを目指す。

選手プロフィール

岡田 怜(OKADA REI)
生年月日:2002年1月25日
ポジション:サイドバック
経歴:和光ユナイテッド川崎FC-日大藤沢高-バサラマインツ(ドイツ6部)-ショットマインツ(ドイツ4部)-VfbシュトゥットガルトⅡ(ドイツ4部)

前の記事【2023春休み】元バルサ指導者が選考!スペイン・リーガカンテラ(下部組織)チャレンジセレクション開催!
次の記事「ドイツ」留学生達での練習会を実施!