【日本スタッフ】私が経験した海外留学経験談②〜語学学校〜

711

こんにちは。
ユーロプラスの日本スタッフの櫛山です。

自分が経験した海外留学について、紹介させていただきます。

前回の投稿:https://www.europlus.jp/article/jpnstaffexperience01uk/

語学学校・言葉について

言語については、今このサポートの立場になっても多くの選手や保護者の方が不安になる部分です。
正直、最初からペラペラ喋れる選手は、1%もいないのではないでしょうか。

海外のサッカーチームには基本的に「通訳」という役職はありません。
世界のサッカー選手を見ても分かるように、プレミアリーグに行けば、英語を話し、ブンデスリーガに行けば、ドイツ語を話しています。
これは選手だけでなく、指導者も同様です。

この私も、今では英語を話すことができますが、留学当初は、高校受験のためにとった「英検4級」だけを持つ日本人でした。笑
英語は大嫌いで、本当に成績が悪かったのを今でも覚えています。

語学学校ってどんなところ?

語学学校は、その国の言葉を勉強するところです。
そのため、イギリスの語学学校にはイギリス人生徒はいないし、ドイツの語学学校にはドイツ人生徒はいません。
同じ第二言語として、語学を学びたい人たちが参加している環境です。
ですので、恥ずかしくなることなく、どんどんミスしながらもコミュニケーションレベルを高めることができるところです!

どうやって言語習得したの?

これはよく聞かれます。なんで英語話せるの?どうやって勉強したの?
答えは、勉強というよりは、毎日使っていたからです!
特に私の場合は、語学学校の友達や現地の友達とよく会っていました。
分からない単語もたくさんある中、電子辞書を片手について行きました。

私の場合は、英語でしたが、ある程度英語が分かるようになったら、英語を英語で調べるようにしていました。

その目的としては、英日辞書って本当に便利で意味をすぐに伝えてくれるのですが、雰囲気とか感覚的なことは、その日本語訳の持つイメージになっていました。
そのため、私は、英英辞書に切り替えて、それでも分からなければ英和を使っていました。

あとは、googleの画像検索もとても有効です!!
例えば、「make」という単語を画像検索してみてください。

粘土で、何かを作ったり、工場で工作のような絵が出てきます。
これが「make」という感じでイメージを持つようになると感覚が養われます。
ぜひ使ってください!

語学って大切なの?

語学はとても大切です!!毎日必ず語学学校に行くべきです。
人は継続してこそ力をつけます。
ロンドンにいたときは、5年も住んでいるのに英語が話せない人にも会いました。
彼は、サッカーとは関係ない分野でロンドンにきて、普段は日本人のコミュニティーにいたため英語を使わない環境にいました。

毎日使うことで覚えられるし、サッカーにも大きく影響します。
ヨーロッパのサッカー戦術は細かいことが多いです。

それを理解してこそピッチで「チームのため」にプレーをすることができます。
チームメイトを理解するにも、チームに溶け込むにも言語は必須です。

言語レベルの差で、契約するチームが変わることも多々あります。
勉強と思わず、これはサッカーのため!と思って毎日毎日継続してください。

3日では覚えられません。

ちなみに、、、
私はスペインにも1ヶ月行き、毎日語学学校に通ったおかげで多少のスペイン語は分かるようになりました。
言葉が分かると、話をできるようになり、サッカー以外の面で成長を感じました。
スペイン語やドイツ語はま全く触れてこない言語でしょうが、3ヶ月毎日やれば急に分かるようになります!
嘘だと思ってまずは3ヶ月やって、そこで満足せずに日々言語の取得に励んでください!

次回、ロンドンのFAライセンス編!

無料の資料請求は以下の画像をクリック!

前の記事【無料・地方相談会】あなたの街で相談会を開催!
次の記事【夏休み/国内】通い型GKキャンプ(小学生・中学生対象)