ドイツキャンプ2023〜4日目〜

1639

4日目を迎えたドイツキャンプ。今日は天気がいまいちですが、ここ数日暑い日が続いていたので少し過ごしやすかったかもしれません。

今日の午前中はマインツ05のトレーニング見学の予定でしたが、練習開始が午後になったため、マインツから少し足を伸ばして隣町の「ヴィースバーデン/Wiesbaden」へ観光へ行きました。いつものバスや路面電車ではなく特急列車にのりました。映画にでてくるような駅のホームに到着です。

ヴィースバーデンは、温泉が有名な地域でもあります。
長い歴史を持つ建物も多く、立派なヴィースバーデン中央駅を出発し、工事中ではありましたが、ボニファティウス協会→新市庁舎→ヘッセン州立劇場→コッホブルネンと回りました。コッホブルネンは温泉が湧き上がっている噴水を模したモニュメントですが、今日も硫黄の匂いと湯気が立ち込めていました。みんなは敬遠気味でしたが、横には飲める温泉水があり、ボトルに汲みに来る人もたくさんいます。

最後にヴィースバーデンのファンショップに行きました。やはりみんなサッカー少年、スポーツショップが一番テンションあがるみたいです。

そしてあの岡崎慎司選手や武藤嘉紀選手も所属していたFSVマインツ05のトレーニング見学へ行きました。
トップチームの練習前にU23が練習しており、U23の選手と記念撮影しました。来年トップチームにあがるよう応援しています!!

そしてトップチームの練習が始まりました。本当に目と鼻の先で、ドイツのトップリーグで戦う選手たちがプレーしています。そのスピード感、球際の激しさ、切り替えの速さ、どれも驚くばかりです。小学生組は練習の時間が来たので先に出発しましたが、中学生組は記念撮影もできました。

プロ選手のトレーニングを間近で見て、いいイメージを持ったまま、練習に向かいます。

まずはショットマインツ組から。コウヘイが練習前に自分から選手・コーチ全員に挨拶、握手をしていました。自分からコミュニケーションをとっていく姿勢が見られて成長を感じました。カイキも少し恥ずかしそうにはしながらもしっかりと友達と話していました。

こちらは友達がたくさんいるので、みんな練習前から一緒にボールを蹴っていました。コーチも毎回優しく受け入れてくれます。最後には記念写真を取っていました。

今日もフィジカルメニューを取り入れながらトレーニングをこなしました。最後のゲームではU16年代と9vs9のゲーム形式。ユウセイがU16相手にゴールを決め、1vs0でU14が勝ちました。

ヒロキは初めてのブレッツェンハイム参加となりました。シーズンの女bんあということで、コンディション面の調整を含んだトレーニングのメニュー構成でした。その中でも技術面や切り替えをコーチは求めていました。初参加でしたが味方とコミュニケーションを取りながら上手く馴染みながらやれていました。

明日が最後のトレーニング。これまで学んだことをしっかりと活かして悔いのない1日にしてほしいと思います

前の記事🇪🇸スペイン今シーズン最初の長期留学生🇪🇸
次の記事ドイツキャンプ2023〜5日目〜