【ドイツ】ブンデスリーガ1部クラブのセカンドチーム

2337

こんにちは、ユーロプラスインターナショナルです!

私たちは、その選手の能力や将来の目標に合わせて最適な留学、トライアウトプロジェクトをご提案しています。

多くの日本人選手が活躍しているドイツ・ブンデスリーガ。ブンデスでは多くのクラブがセカンドチームを保有しています。

今回は1部リーグに所属しているクラブのセカンドチームがドイツの何部リーグに所属しているのか紹介します。

アウクスブルク…4部

ヘルタ・ベルリン…4部

ボーフム…11部

ウェルダー・ブレーメン…4部

ボルシア・ドルトムント…3部

アイントラハト・フランクフルト…5部

フライブルク…3部

ホッフェンハイム…4部

ケルン…4部

マインツ…4部

ボルシアMG…4部

バイエルン・ミュンヘン…4部

シャルケ…4部

シュツットガルト…4部

ヴォルフスブルク…10部

RBライプツィヒ、バイヤー・レバークーゼン、ウニオン・ベルリンの3クラブはセカンドチームを保有しておらず、ボーフムやヴォルフスブルクのセカンドチームは競技志向を重視している方針ではないようです。(ヴォルフスブルクは以前U23チームが4部に所属していましたが、解体してオーストリアのザンクト・ペルテンと提携)

フランクフルトのように最近セカンドチームを整備したクラブもあれば、レバークーゼンのように以前は有していたが保有することをやめる判断をしたクラブもあります。

ブンデスリーガ1部クラブのセカンドチームでは、水多海斗選手(マインツ)、チェイス・アンリ選手、岡田怜選手(ともにシュツットガルト)、福井太智選手(バイエルン・ミュンヘン)などもプレーしており、シャルケの上月選手のようにトップチームで活躍する選手も出てくるかもしれません!

前の記事【ドイツ】元ドイツ代表選手を2名擁するアマチュアクラブ、9部リーグで優勝し来期8部へ
次の記事【ドイツ】弊社サポートの日比谷選手、6部のクラブへの移籍決定