26.4 C
Tokyo
月曜日, 9月 25, 2017
ホーム タグ FITAエリートトレーニング2016

タグ: FITAエリートトレーニング2016

2016 FITAエリートトレーニング U-13 Road to THAILAND3

10/15日  17:00 「嬬恋カップ U-13」の優秀選手達の第3回目、最終トレーニング兼選考会がZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREAで行われた。 前回、前々回に続き指揮を取るのは「リノ氏」。 選手達、アトレティコマドリード育成部門での経験を持つリノ氏の貴重な指導を受けるのも、今回でラスト。自然とチカラが入る。 タイ遠征メンバーに選ばれるには、ピッチ内外での自己表現がポイント。のびのびと、自分を出して欲しい。 可能性は無限大。 自分のプレイを信じて突き進んで欲しい。 Believe in yourself and Keep on trying ! See you Soon...

『2016 FITAエリートトレーニング U-12 Road to THAILAND3』

8月に行われた「ドリームカップ サマー大会 in 河口湖」で選ばれた優秀選手を対象に第3回目トレーニングが実施された。 毎回、異なるテーマを掲げ、世界基準のトレーニングをしてくれるリノコーチ。 今回のテーマは「守備」 海外で戦うには必須となる、対人・球際の強さ・運動量を求めながら 個の対応・判断1つでチームにどんな影響があるのか 常に味方と相手の状況を把握しながらの守備のトレーニングとなった。 全3回の国内トレーニングが終了し、これからタイ遠征が行われる。 海外での真剣勝負、日本と海外の違い。 世界のレベルを肌で感じてほしい。

『2016 FITAエリートトレーニング U-12 Road to THAILAND2』

8月に行われた「ドリームカップ サマー大会 in 河口湖」で選ばれた優秀選手を対象に第2回目トレーニングが実施された。 トレーニングコーチは、前回に引き続きリノコーチ。 テーマは「パス」 ボールを受ける時の体の向き、パスコースの作り方、スペース・ピッチの使い方など。 準備の重要性・状況判断に応じたプレーの選択とスペースの使い方を求められるトレーニングとなった。 最初は、なかなかうまくスペースを使うことができなかったが、トレーニングが進むごとに改善されていき、最後のゲームではうまくスペースを使いゴールを決めるシーンが増えた。 リノコーチのわかりやすく、熱心な指導。 求められたプレーを実践できる技術を持った選手たちによって 質の高い120分のトレーニングとなった。 第3回目のトレーニングは10月16日。 次回のトレーニングが最後のアピールの場! 海外の選手と真剣勝負ができる機会はなかなか訪れないだろう。 このチャンスを全力で掴み取ってほしい。

2016 FITAエリートトレーニング U-13 Road to THAILAND2

9/17  16:00 「嬬恋カップ U-13」の優秀選手が集った2回目のエリートトレーニングが、ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREAで行われた。 今回はアトレティコマドリード育成での経験を持つFITA所属コーチ「リノ」の指導で開催された。 「この子達は技術がある」 と言いながら何度もうなづく「リノ」のフィロゾフィーには、やはり、インテンシティー(強度)を求める局面が多い。 戦う姿勢というモノは万国共通だ。 ・ボール回し ・組織的プレッシング ・4 v 4 +3   (ポゼッションからの攻撃) ・サイドカウンターアタック ・全体ゲーム フリーズの時間を増やし、戦術的な部分を多く注入されたu-13選抜。最初はなかなか通らないパス、回らないパスが時間が経つにつれ、不思議と選手間を効率よく行き来するようになる。 GKトレーニングは、クイックネスとタフネス、両方が要求される。一瞬の迷いがゴールに直結してしまうシビアな世界だ。 次のトレーニングで渡航メンバーが決まる。 タイの相手はフィジカルで圧倒的な差を見せてくる。個で戦える姿勢を、是非とも、見せてほしい。 Get ready for the last one ! See you soon young players !

2016 FITAエリートトレーニング U-12 Road to THAILAND1

9/10 16:00 「ドリームカップ サマー大会 in 河口湖」で選ばれた優秀選手達が ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA に集った。 FITA所属コーチ「リノ」、Uefa pro保持者(日本のS級相当)。アトレティコマドリード育成部門で長年指導していた経験を持つ。 遠方名古屋からの選手も数名、2時間の練習時間はあっと言う間、少しも無駄には出来ない。 ・ロンド(6 v 3) ・フォーメーション ・4 v 4 + 3  (数的優位でのビルドアップからシュートまで) ・7 v 4 のアタッキングセッション ・8 v 8 ゲーム 序盤は普段行わない練習メニューに選手達戸惑いながらも少しずつ順応、最終的には全選手ハイレベルな領域に、「遠征メンバーに選ばれたい」という強い気持ちがこちら側にも伝わってきた。 リノコーチの熱い指導。 最後のゲーム、どの選手も能力が高く選抜する側にとっては嬉しい悩みだ。 ラスト、特別にゴールキーパートレーニング。 最後まで選手達とのスキンシップを楽しむリノコーチ。 第2回目トレーニングは10月1日。 遠征への道はまだまだこれから。 全選手にチャンスがある。 Get...

2016 FITAエリートトレーニング U-13 Road to THAILAND 1

8/27  16:00 嬬恋で行われたU-13 TSUMAGOI CUPの優秀選手が「ZOZOPARK HONDA FOOT BALL AREA」に集結した。 都心は強い雨の悪天候。 運の良い事に海浜幕張は終始曇り空、台風の影響も無く第1回目FITAエリートトレーニングは決行された。 FITA所属コーチ「アルベルト」、UEFA Pro保持者(日本のS級相当)。レアルマドリードスカウティングコーチとしての指導経験、育成にも長けたスペシャリストの感情のこもった指導がスタートした。 通訳兼コーチに「櫛山氏」 ゴールキーパーコーチに「三上氏」 という布陣の中、濃厚な時間を体感する選手達。 さすがのゴールデンエイジ、飲み込みが早い。 チームの公式戦がTR日程と重なり、数名は第2回目からの参加。他の選手の不在をチャンスと捉えアピールする選手達。 ・ロンド(6 v 2) ・パスゲーム(7 v 7 + 2) ・トランジションゲーム(7 v 7) ・フルコートゲーム 序盤は殆どの選手がボールウォッチャーになり狭い視野、狭いスペースの中でプレイしていたモノの、終盤になるにつれ、それぞれ選手達の役割がハッキリとしたサッカーを展開。短時間での成長を実現する指導はさすがのレアルマドリードメソッド。 短い時間で体感したフレッシュなサッカー観を継続して自ら表現する難しさ。是非とも所属チームにも新しい風を持ち帰ってほしい。 第2回目TRは9月17日。 公式戦で不在のメンバーも加わり競争は更に激しくなる。 GOOD WORK Young Players ! See you Soon.

2016 U-11,U-12 FITA エリートトレーニング「タイ・パタヤ遠征」

2016/07/02 @FC東京パーク小平天神 FITAエリートトレーニングの渡航説明会兼練習会が開催された。 来月8/12〜16のパタヤ遠征に渡航するメンバーが集まりミーティング、アップ、ゲーム。最終調整を行なった。 U-11,U-12で合計4チームの総当たり戦。 互いの名前、癖の確認、次に会うのは渡航日なので最終確認。貴重な時間を過ごした。 当日、外気温は30度を超えていたが... 「タイはもっと熱いぞ!」 「え!?」笑 最後まで強度を落とさずプレイに集中した選手達。 次に会うのは渡航日、各々コンディションを整えて、海の向こうで真剣勝負だ。 Keep practicing and Get ready for the next stage !

2016 U-11,U-12 第2回 FITA エリートトレーニング「Road to THAILAND」

5月14日 ?14:00 幕張 ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA、天候は晴れ。第2回目のトレーニングが開催された。 第1回目と同様、U-11、トレーニングコーチはバルサのメソッドを学んだスペシャリスト「イバン」、通訳/コーチに柿田氏、ゴールキーパーコーチに三上氏の布陣で行われた。 ウォーミングアップから両足、視野の確保、ワンタッチコントロールを意識したメニューでスタート。 ピッチ上での情報収集、判断スピードを意識させるためのフリーズで選手達の動きは変わる。 キーパーはステップワーク、リフレクションを養うハードなトレーニングを行う。 ゾーンを分けたゲームから、最後は自由にプレイ。 それぞれが高いパフォーマンスを見せた。 次にU-12 試合などが重なった都合により1回目は不参加だった選手達が多く顔を出した。 選抜チーム、コミュニケーション能力も問われる。 対人、ロンド、ゾーンを分け数的優位を意識したフォーメーション、ラストはゲーム。 細かいポジショニング、吸収せよ! 学んだ事をチームに持って帰り、さらに成長してもらいたい。 Good work !

2016 U-11,U-12 第1回 FITA エリートトレーニング 「Road to THAILAND」

4/23日 14:00〜 幕張のZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREAに 「DREAM CUP 2016 in 白子」の優秀選手達が集った。 トレーニングコーチはFCバルセロナアカデミーでバルサのメソッドを学んだ 指導のスペシャリスト「イバン」。 ナイキエリートトレーニングのメインコーチとしても名が知れている。 通訳/コーチには柿田氏。 ゴールキーパーコーチには三上氏。   まずはU-11から。 厳しい戦いが予想されるアジア遠征、球際の強さ、攻守の切り替え、判断スピードが問われる。 普段とは一味違ったトレーニング、ゴールデンエイジ年代の成長スピードは無限大。 そしてU-12。 一年の差が体格に出るデリケートな年代。 W-UPでは手を使った判断力の問われるボール回し。 TR1に2つのゾーンを使ったロンド。 TR2にボールを二つ使った斬新な3 対 2。 最後にはゲーム。 近年サッカーで最も重要視される「考える能力」。 計3回のトレーニングはまだ始まったばかりだ。

U-13 FITA エリートトレーニング 〜スペイン遠征〜 完結編

U-13 FITAスペイン遠征メンバー、帰国して約3週間が経ちました。 各々、遠征中に肌で感じた感覚を自信に変え、地元日本での生活、サッカーにアレンジが施されてあれば幸いです。 帰国後の時差ボケも吹き飛び、日本のリズムを完全に取り戻した頃でしょう。 ラストの完結編は総集編的な位置付けで、遠征初日から最終日まで、ちょっとしたメッセージ付きで掲載いたします。 選手達は、思い出しながら楽しんでください。 移動、食事、言葉、宿、街並み、人、異文化、真剣勝負、アウェー、そして勝利も、敗北も、全部カラダに染み込んだはずです、潜在意識に植え込まれたはずです。 海外遠征は誰もが経験できるような事ではありません。 選ばれた者のみです。 遠征に行きたくても、行けない選手の方が圧倒的に多いです。 そんな経験は無駄にできません。 日本に住んでいると、情報が多いです。 世界一情報が多い国と言っても過言じゃありません。 世界一、新しい事を求める国です。 世界一、空気を読み、周りに合わせる国です。 世界一、便利な国です。 世界一、快適な国です。 さあ、果たしてサッカー選手にとっては、どうでしょう、、、 毎日の芸能ニュース、スマホのゲーム、自然災害を除けば恐ろしいくらい平和な環境、コンビニ社会、、、全てが用意されています。 予測の難しいサッカーの試合とは、かけ離れています。 不確定要素に満ちたサッカーの精神から、どんどん離れてしまっています。 日本の外に出ると、色々な事を学べます。 色々な事に気付きます。 取り入れましょう。 そして自分だけの世界を、意志を、考えを持ちましょう。 それがプレイに出ます。 個性になります。 自分だけの武器を磨きましょう。 皆がスペインで培った経験は、親や家族のおかげです。 いずれは、必ず親孝行しましょう☆ ENJOY FOOT BALL ! 親御様各位 私としても、素晴らしい経験になりました! 選手達の今後の動向に期待がかかります。 またの機会で、引き続きよろしくお願い致します。 ありがとうございました! ユーロプラスインターナショナル 松下イゴール Thank you very much. Peace.

オススメの記事

人気の記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!