土曜日, 5月 30, 2020
ホーム タグ フットサル留学

タグ: フットサル留学

小学生のサッカー留学

U-12年代はゴールデンエイジとも呼ばれ、この時期にどれだけ経験し、吸収するかが将来を大きく左右。

中学生のサッカー留学

U-12年代はゴールデンエイジとも呼ばれ、この時期にどれだけ経験し、吸収するかが将来を大きく左右。

高校生のサッカー留学

U-18年代はプロのサッカー選手になるための最終段階、個々のプレイスタイルが確率される重要な時期。

大学生・社会人のサッカー留学

プレースタイルがすでに出来上がった年代、ここからプロしての契約を勝ち取る選手も決して少なくない。

イタリアでサッカー留学

数多くのファンタジスタを生み出したセリエA。プロ、セミプロ、アマチュアを合わせるとチーム数は2000以上。

スペインの提携クラブチーム

スペインでは下記のチームと提携・協力しています。どのチームに希望があるかをお問い合わせ、相談時にお伝えください。 スペインプロサッカーリーグ、リーガエスパニョーラは1部リーグ「プリメーラ・ディビジョン」と2部リーグA「セグンダ・ディビション」からなり、その下は2部リーグBと3部、4部・・・7部で構成されています。2部リーグB、3部リーグはEU国籍を持たない選手(日本人)は原則としてプレーできない事(※近年、規制緩和されてきており、労働ビザ取得者、つまりプロ契約選手はプレー可能となってきています)になっていますので、日本人が最初に目指すのは4部リーグ(セミプロリーグ)となり、当リーグでは少ない程度ながらも、お金が支給されます。活躍次第ではメディア等にも取り上げられ、2部リーグAの道も開ける事でしょう。 1部リーグはJリーグ以上のレベル、2部リーグAはJ1リーグ、2部リーグBがJ2、3部リーグが地方リーグ並みのレベルと一般的には言われています。スペインの特徴でもある、型にはまらない攻撃的なサッカーは常にファンを魅了し 、また選手の憧れの舞台として世界中から一流プレーヤーを受け入れてきました。18歳以下の選手はユース登録として、オデロット(ユースリーグ2部)で練習を行い、規定をクリアできれば契約してリーグに 出場することが可能です。更にレベルが高いと判断された場合は、遠方ではありますがアトレティコ・マドリードユース(ユースリーグ1部)、UDタラベラユース(ユースリーグ1部)で練習参加も可能です。 スペインサッカー留学 クラブチーム紹介 アトレティコ・マドリード / Atletico Madridプリメーラ・ディビジョン(1部) スペインにおいては、レアル・マドリード、FCバルセロナにつぐ第三のクラブとして認知されている屈指の名門クラブです。インターコンチネンタルカップ(あるいはトヨタカップ、現在はFIFAクラブワールドカップに統合)で優勝し、世界一に輝いた実績も持ちます。永遠のライバルクラブであるレアル・マドリードとの対戦は、マドリードダービーと呼ばれ、リーガ・エスパニョーラでも屈指の好カードである過去にはフェルナンド・トーレスやルイス・ガルシア(いずれもスペイン代表)も在籍、現在もホセ・アントニオ・レジェスやアントニオ・ロペス・ゲレーロなどの代表選手とアルゼンチン代表マキシ・ロドリゲスなどを中心とした強豪です。高級住宅街が並ぶ一角に前面天然人工芝のグランドがあり、トップから幼稚園までが英才教育を受け、ユースからは毎年何名ものプロ選手が育っています。 都市 MADRID(マドリッド)設立 1903年会員 42,000 人ホームページ http://www.clubatleticodemadrid.com ラージョ・バジェカーノ / Rayo Vallecanoプリメーラ・ディビジョン(1部) バジェカス・テレサ・リベーロ競技場をホームスタジアムとし、レアルマドリッド、アトレティコ・マドリッド、ヘタッフェに続くマドリッドの中堅どころのチームです。チーム設立は1924年と古く、既に80年近い歴史を持っており、スペインリーグにおいてこれまでに1部リーグと2部リーグの入れ替え戦を最も多く経験してきたというチームです。スペイン1部リーグに11シーズン、そして2部リーグでは実に30シーズンを過ごし、現在は1部リーグに所属しています。1部に所属していた2000-2001シーズンにはUEFAカップの準々決勝まで勝ち進みました。メキシコ史上最高のストライカーと言われるウーゴ・サンチェス・マルケスや元代表GKのペドロ・コントレラスも在籍していました。 都市 マドリード設立 1924年会員 45,000...

スペインの現地コーディネーター

和泉雄大 プロフィール 1994年6月21日生まれ岐阜県出身。 現在、スペイン在住4年目。 中学時代はJuven FCで高円宮杯で全国ベスト8、フットサル大会でも全国ベスト8の成績を収め、高校時代はFC岐阜ユースに所属し、3年間プレーした。高校卒業後、単身スペインに渡りスペイン5部リーグ所属のバジェカスで3年間活躍し、引退。 引退後、現在はユーロプラスのトレド担当者として活動しながら、スペインサッカー協会公認指導ライセンスを取得中。分析分野を得意としており、その分析能力を活かしてサポート、エージェントを行っている。 ブログ

【スペイン】短期サッカー留学

短期(1〜3ヶ月)でのサッカー留学は、海外の魅力や生活を経験するのに最適(ビザの取得は不要)

【スペイン】長期サッカー留学

長期(4〜6ヶ月)でのサッカー留学は、集中して実力をアップさせるのに最適(短期留学ビザ取得)

【スペイン】語学留学 + サッカー留学

7ヶ月以上でのサッカー留学は、サッカーの技術だけではなくその国の語学の習得も(長期滞在ビザ取得)

フットサル留学の”今”

フットサル留学について ユーロプラスの歴史の中で、最もサッカー界の発展に寄与してきたのは実は「フットサル」の分野においてではないかと言っても過言ではありません。 Fリーグ発足前から、スペインのフットサルクラブチームと提携し、留学をサポートして参りました。 近年では、現Fリーグのクラブチーム設立のプロジェクトに関わったり、日本代表選手、小野大輔や鈴村拓也選手のスペインリーグ移籍に伴い、両選手の現地における生活サポート全般や交渉通訳、また、日本代表招集の際など、日本サッカー協会とクラブ間の話し合いなどを行ってまいりました。 日本初のフットサル専門スクール「ヒューマンアカデミーフットサルカレッジ」の立ち上げに関しても、チーム海外遠征や卒業後の留学コースの設立をいたしました。 また、日本国内でのフットサル普及のため、スペインリーグ1部アルカル・ルーゴのゼネラルマネージャー兼総監督の、パブロ・プリエト氏を日本に招聘し、フットサル講習会およびクリニックを行う手配も行いました。 ここでは、選手だけではなく、現在小学生や中学生、一般チームの指導者をされている方々を対象に、コーチングの研修を実施するという、日本では過去例を見ないような素晴らしいイベントとなりました。 われわれのフットサル留学は、サッカー留学同様、大変質の高いプログラムとなっております。 渡航国 スペイン イタリア

スペインでサッカー留学【2020年最新情報】

欧州サッカーリーグの最高峰の一つ、リーガ・エスパニューラ。サッカー留学先としても人気。攻撃的なプレイスタイルが特徴です。

オススメの記事

人気の記事