26.4 C
Tokyo
月曜日, 9月 25, 2017
ホーム タグ フォルツァ選抜2017

タグ: フォルツァ選抜2017

フォルツァ選抜・シンガポール遠征5(最終日・帰国)

5/2 9:00 フォルツァ選抜、シンガポール遠征最終日。 午前中はGFAとのトレーニングマッチ。 今日までホテル→大会会場をバスでの往復のみというVIP待遇だったので、ローカル感を得るためにも地下鉄移動。 日本の地下鉄より整備されていてキレイ? スコールのため少し雨宿り。 10:20 フォルツァ選抜シンガポール遠征トレーニングマッチ vs GFA 15分×5本 結果: 2-4 得点者: タクミ、マサト。 相手チームはシンガポール現地の日本人クラブチーム。2コ上、3コ上の年上が混ざるなか終始互角の戦いを繰り広げるフォルツァ選抜。しかし、大事な局面で相手のパワーにやられての4失点。 「コーチ、同い年と試合がしたいです」 関係ない。どんな相手でも同じピッチに立ってボールを蹴っているのであればプライドを持って試合に挑む。年上相手の方が得るモノは大きい。 トーナメントでの悔しさをバネにシンガポール遠征最後の蹴球。 多くのチャンス、シュートシーンを作るも決定力に欠ける。 タクミ、マサトが得点を奪うがリードはさせてくれない。 幸い、曇り空で昨日に比べ比較的涼しい中、15分×5本、充実したトレーニングマッチになった。 施設近辺のフードコートで腹ごしらえ。 まだまだヤングだ。 ホテルに戻り、帰国前の観光。 徒歩でアラブストリートへ。 お土産タイム。 充実した5日間もこれでラスト。選抜チームとは言え、ピッチ内外で素晴らしい纏まりを見せたフォルツァ選抜。 大会の結果はベスト4。 君達が準決勝で戦ったチームは、見事に優勝した。 あと一歩、もう一歩出ていれば決勝に行けたかもしれない、優勝の可能性があったかもしれない。 しかし、サッカーではその「もう一歩」が勝負所。 味方よりも、相手よりも、もう一歩前へ出て勝負をかける選手が将来プロになる。 日本の少年サッカー、果たしてどれ位の選手が海外での真剣勝負を体感しているのだろうか。 何分の1だろう? 君達は、間違いなく少数派、選ばれた選手達。 アジアの強豪国との真剣勝負、死闘を10歳〜11歳で味わうという貴重な経験、どのように捉えるかで人生が変わってくる。 仲間に伝えるとチームが変わってくる。 まだまだプールやポテト、お菓子に目が無い世代、でもピッチの上だと真剣。 シンガポールの地で、肌で感じた事を忘れないでほしい。 真剣勝負がどんなに激しかったか、 あのゴールがどんなに気持ち良かったか、 なぜあのボールを簡単にクリア出来なかったか、 あの相手の気迫はなぜ凄かったのか、 あと一歩、もう一歩はこれからはもっと出せる。 親、仲間、家族に感謝しながら、引き続き、サッカーと勉強に励んでください。 そしてまた、シンガポールメンバーで再会できたらいいね? 次は、ピッチ上での対戦相手、ライバル? KEEP ON BOYZ !  Enjoy your Foot ball Life !! 保護者の皆様 飛行機は予定通り日本へ出発予定です。 以下、事務連絡です。 到着?5月3日(水)5時50分 場所?羽田空港国際線第1ターミナル到着出口 便名?JL036 航空会社?日本航空 お迎えの方はお間違いないようにお願い致します。 また出口に出てくるのは到着後約30分後となりますので、予めご理解ください。

フォルツァ選抜・シンガポール遠征4

5/1 6:30 JSSL大会最終日 CUPトーナメント(上位トーナメント)の1試合目が9:00キックオフと言う事で早朝ブレークファースト。 さあ、予選リーグは序章。 勝ちへのこだわり、球際での攻防、一瞬のスキが試合を左右するノックアウトラウンドが始まった。 決勝トーナメント第1試合 vs JSSL neXt Gen 結果: 2-1 得点者:  18分 ケイト 23分 ケイト ホイッスル直後、海外での真剣勝負を目の当たりにし出鼻を挫かれ、4分に相手のフリーキックから先制点を許す。 カラダごと必死でぶつかってくる異国の相手、球際、勝ちへの執着心、全てが初体験。 しかし、徐々に自分達のペースを掴み始める。 体格、リーチ、闘争心で負けないケイト、中盤の底からチームを立て直す。終盤、コーナーキックからの押し込み、サイドの崩しからの押し込みで2得点、ノックアウト方式の初戦でヒーローになった。 ここからは毎試合、ヒーローが生まれないと優勝は無い。 次の相手チームを視察。 そして決勝トーナメント第2試合 vs ASIOP Apacinti 結果: 2-1 得点者: 5分 タクミ 17分 リクト 日本では体感する事の無いアウェイでの真剣勝負初戦を勝利で飾ったフォルツァ選抜。2試合目への入り方にヌカリは無かった。 左サイドを主戦場とするタクミが相手選手を交わし縦へ突破、角度のない所からニア上に突き刺し貴重な先制点。ソウマ、ハルト、ケイトのDF陣がシンプルに相手の攻撃を跳ね返しながら自分達のペースで試合を進める。終盤、マサトが主戦場の右サイドを個人技で崩しゴール前のリクトへ、冷静に押し込み追加点。ラストワンプレイで相手に得点を許すがタイムアップ。危なげなく準決勝へとコマを進めた。 JSSL 準決勝 vs Budak Bola Inspire 結果: 1-3 得点者:  3分 タカト 午後1時、アジア常夏の国の太陽光が容赦なく照りつける中キックオフ。どちらのチームも疲れを隠せない。体格を生かしてシンプルに蹴り込んでくる相手。フォルツァ選抜、比較的、小柄なテクニシャンが多い中、相手チームは徹底して空中戦で試合を進めてくる。 2分、相手チームのエースが強烈な左足のミドル、先制点を許す。すぐさま、同じくレフティーのタカトがこぼれ球をバイタルで拾い左足を一閃、降り出しに戻す。 DFのちょっとしたミスは試合を左右する。 自陣ゴール前への嫌なハイボールのバウンドを被り、裏にいたFWに押し込まれ失点。似たようなハイボールを痛恨のクリアミス、相手に押し込まれ失点。 死闘での二点差を跳ね返すにはあまりにも時間が足りず、タイムアップ。 フォルツァ選抜、ベスト4で幕を閉じた。 悔しい気持ちを忘れちゃいけない。 君達のサッカー人生、まだまだこれからだ。 シンガポール観光! チャンピオン?! ではないけど、君達は良く戦いました。 プール! さあ、今日もゆっくり休もう。 明日は現地のクラブチーム、GFAとのトレーニングマッチ、夜は帰国だ。 Well done Forza Select !!

フォルツァ選抜・シンガポール遠征3

4/30 7:30 大会2日目、1試合目が午後からと言う事で朝食を取った後はフリー。 11:00 会場へ向かう車内。 さあ、今日はどんな戦いが待っているのか... 予選リーグ4試合目 vs JSSL cl 1 結果: 11-1 得点者: タカト 2分、3分、6分 タクト 8分 シュウゴ 11分 ヨウセイ 13分 マサト 14分 リクト 15分 リュウビ 17分 タクミ 20分 リュウビ 21分 2日目初戦は大爆発。 「俺も取りたい、俺も取りたい」 DF陣以外は殆どの選手が結果を残した。 それにしても暑い。 試合と試合の合間は日陰で小休止。 体力、精神力、集中力勝負。 休憩の取り方は選手のパフォーマンスに大きく影響する。 予選リーグ5試合目 vs Bangkok Soccer School 結果:3-0 得点者: マサト 6分 リクト 12分 タカト 18分 「圧勝で終わった前の試合は忘れよう」 相手はリーグの中でも上位のチーム、気を引き締めて挑んだゲーム、1人1人が最後まで集中力を持続させチーム一丸となって全員で結果を出した。 殆どの得点が混戦の中からのこぼれ球、接戦をモノにするには全員が勝ちたい気持ちをピッチで表現しなければいけない。それをしっかりとやりとげた。 勝利の一杯? さあ、次は予選リーグ全勝同士の対決。 明日の決勝トーナメントを想定。 ここからが本番?! 予選リーグ6試合目 vs LFA 結果:1-2 得点者: リクト 16分 相手チームが全員守備、ボールを奪ってからのカウンターという戦術を徹底。セットプレーからの不運な失点。相手の個人技、パワーでの失点。 後半、オープンなゲームになりなんとか一点を返したが、リードしている相手が試合巧者。 終了の笛が鳴り初の敗戦。 グループ2位通過での上位決勝トーナメントが決まった。 明日のための良いクスリになったと願おう。 10分ほど、敗戦の悔しさを噛み締めお葬式状態。 その後は切り替えの早いジェネレーション。 帰り自宅。 友達もできた。 さあ、明日からは負ければ終了の決勝トーナメント。 しっかり休んで、備えよう! Great Team...

フォルツァ選抜・シンガポール遠征2

4/29 6:30JSSL大会初日、少し早い朝食。 やはりキッズはバイキングが似合う。 エネルギーを蓄えた後、試合会場へ。 JSSL、大規模で相当数のチームが参加、インターナショナルな雰囲気で運営されている。 ※こちらのアプリをダウンロードすれば大会の詳細を観覧できます。 我等がフォルツァ選抜。 1試合目 VS Bintang Garuda Soccer Skills 2-0 得点者: 16分 リクト 20分 リクト シンガポール独特の蒸し暑さ、アウェイの洗礼か、序盤は各々自分のペースでプレイさせてもらえず拮抗した試合に。GKのダイキ、DF陣のソウマ、ケイトがピンチの時間帯をしのぐ。 16分、混戦の中リクトが抜け出し冷静に押し込み値千金のゴール。 20分、タクミからのコーナーキックを、またもやリクトがボレーで上手く合わせ勝負あり。 大事な初戦を勝利で飾った。 2試合目 VS NFDP Akademi Tunas Putrajaya 5-0 得点者: 5分 ヨウセイ 13分 タカト 14分 タカト 16分 タカト 17分 マサト 2試合目、環境に慣れたのか攻撃陣が爆発。終始、プレイ1つ1つに結果が付き、何もかもが上手くハマる試合展開。トップで先発したヨウセイの得点。途中交代で入ったタカトが左サイドを制圧。3分間でハットトリックを決めた。 トドメに、右サイドからマサトがスピードを生かしキーパーとの駆け引きを制する。DFラインとキーパーの間に落ちた難しいボールを押し込む。 大量得点でチームに勢いがついた。 オニギリ、唐揚げを頬張り休憩。 日本風弁当、ありがたい。 3試合目 VS St Michael 1-0 得点者: 15分 リクト 予選リーグ初日ラストゲーム、全勝で1日目を終えたい流れではあったが決定機の少ない接戦になる。相手チームの守備陣が纏まっていた事もあり終始チャンスに恵まれないまま時間が過ぎる。 15分、ゲームを動かしたのはフォルツァ選抜。リクトが相手キーパーの弾いたボールを押し込み貴重な先制点。守備陣の頑張りもあり、そのまま試合終了。 接戦をモノにした。 見事な三連勝で大会に入ったフォルツァ選抜、しかし、まだまだこれから。明日の予選リーグ2日目は上位のチームがひしめく。好成績を残さない限り上位トーナメントには進出できない。 海外の雰囲気や相手選手のクセを体感したこれからが本番。 明日は更に激しい試合になりそうだ。 しっかり準備しよう。 Good Work Young Gunz !!

フォルツァ選抜・シンガポール遠征1

4/28 9:00 フォルツァリーグの優秀選手達が羽田空港に集った。渡航先はシンガポール。アジア国際大会に参加する。U-10の選手達、行動も言動もストレートでダイナミック、迷いの無いジェネレーション、試合が楽しみだ。 初めての国外渡航、全てが新鮮。 映画やゲーム、6時間ほどの旅なんてあっと言う間?! 機内食は日本食、しっかり食べよう。 CAさん達は選手達のおかげで忙しそうだったな〜。 シンガポール到着! マイクロバスでホテルまで移動。 疲れ知らずの選手達、終始にぎやか! ホテル横のフードコート。 やはりラーメン、チキン、フライドポテトを選んでしまう。 旨いもんな。 さあ、明日から激しい戦いが始まる。 移動の疲れを取って試合に備えよう。 Good night !!

フォルツァ選抜第2回トレーニング

GWにシンガポールで開催されるアジア最大級の国際大会「Asia’s World Youth Cup」へ向けて強化トレーニングが行われた。 第2回トレーニングには、元アトレティコマドリードU-12監督、現レアルマドリードスカウティングコーチのフアンホ氏が特別コーチとして参加! 実際にレアルマドリードの育成でも取り組んでるトレーニングを体感。 なぜこの動きが必要なのか、この動きをするとどうなるのか。 1つ1つの動き・考え方を分かりやすく伝えるフアンホ氏の指導に選手たちも全力のプレーで応える。 伝えられたことをすぐに表現できる能力の高さにフアンホ氏も驚いていた。   この年代で海外の指導者と出会い、世界のサッカーに触れることはサッカー選手として非常に大きい経験となっただろう。 1回目、2回目とトレーニングでコーチたちから学んだことを継続し取り組み、約1か月後に迫ったアジアの強豪たちとの闘いに備えてほしい。

フォルツァ選抜第1回トレーニング

シンガポールで開催されるアジア最大の国際大会「Asia's World Youth Cup」へ向けて、セレクションで選ばれた選手たちが集結した。 アジアの強豪たちとの戦いに向け、まずはチームとして闘うべく、攻守の切り替えと奪った後、奪われた後の素早い判断をを求めるトレーニングが行われた。 少し複雑なトレーニングに、最初は戸惑いながらプレーしていたが、さすがはハイレベルだったセレクションから選ばれた選手たち、徐々に戸惑いがなくなり判断のスピードが上がっていった。 最後のゲームでは、素早い攻守の切り替えと判断でのプレーが多く見られた。 フォルツァ選抜チームとしての活動は今日が初めて。 限られた時間でお互いの名前、特徴、武器をいち早く覚えようと輪を作り、話し合う姿も見られた。 次回のトレーニングは1か月後。 やればやるだけ伸びるこの年代。今日やったことを意識しながら所属チームでトレーニングを積み重ねてほしい。

U-10フォルツァ選抜セレクション開催

U-10フォルツァ選抜セレクションが開催された。 夏から始まったフォルツァリーグ。スカウティングスタッフも何度も現場に足を運び、選考を重ね、最終選考会となるセレクションに約30名の選手達が集った。 最初にコーチから、「自分の武器、特徴を存分に出して、ミスを気にせず自分の全てを出してみてください。そして、闘って下さい。」という声がかかった。 緊張感のある雰囲気の中、試合形式のセッションが行われ、選手達のアピールが続いた。 選ばれたいという雰囲気が伝わるとても激しく、質の高いプレーがたくさん観られた。 さすがスカウトされるだけあり、非常に能力が高い選手が多く、見応えのある試合となった。 これから選手選考に移り、合格者は、ゴールデンウィークにシンガポールで行われるアジア最大の国際大会「Asia's World Youth Cup」に参加する。 選ばれない選手も出てくるが、気にする必要は全くない。まだまだ10歳。サッカーライフはこれからだ。この悔しさ、絶対見返してやる。という気持ちを持って、これから励んでもらいたい。 選ばれた選手は、シンガポールで世界を体感し、これからに繋げてもらいたい。 君たちの将来は、無限の可能性がある。

オススメの記事

人気の記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!