7.7 C
Tokyo
金曜日, 11月 17, 2017
ホーム タグ タイ

タグ: タイ

タイでプレーする外国人選手達

バンコク郊外にあるBangkok glassのホームスタジアムのLeoスタジアムに観戦に行ってきました。

タイでのサッカー人気

日本の勝利に終わったFIFAワールドカップ予選、日本代表対タイ代表。日本代表は若手の活躍もあり快勝。

2018シーズンのトライアウトに向けてタイ短期留学

タイの移籍期間はシーズン終了後から開始までの12月〜1月と、折り返し時期である6月〜7月の年に2度あります。

タイでのトライアウト

海外最多の日本人サッカー選手が所属するタイリーグ。

タイD2の2016シーズンが開幕

(C)Chachonsao FC Facebook Page いよいよタイD2リーグ2016が3月19日に開幕致しました。   当初は、2月7日に開幕をしたのですが、 タイサッカー協会の会長選挙が行われたり、 また、タイのトップリーグの運営会社が新しくなったりと、 タイサッカーの変革期となり、タイD2リーグの開幕が改めて行われることとなりました。   今期のタイD2リーグには、   チャチュンサオFC  MF井上哲郎 チュンポーンFC  ? ?FW佐藤佳成 ナコンナヨックFC  ? FW小川雄太、MF青島隆晃 パタヤシティーFC  MF大谷壮馬、MF伊勢陽平 PTUFC  ? ? ? ? ? ? ? ? ?MF渡邊大河 BTUFC  ? ? ? ? ?...

football EDGEにタイコーディネーターの真野のインタビュー記事が掲載

フットボールWEBマガジンである、 football EDGEに、 「日本で『ゼロ円』の選手が海外でプロになる方法」 と題して、ユーロプラスアジアのタイコーディネータである真野浩一の インタビュー記事が掲載されましたので、是非、ご覧ください。   ▼下記から記事本文に飛べます。 「日本で『ゼロ円』の選手が海外でプロになる方法」ユーロプラス・真野浩一氏インタビュー

タイD2、2015シーズン終了

2015年2月からスタートをしたタイD2が9月26日に終了致しました。 ユーロプラス所属選手の成績は、   北部 3位 プレーユナイテッド(井上哲郎、佐藤佳成所属)   東北部 2位 ウボンUMTユナイテッド(山崎健太所属) 13位 ナコンパノムFC(菅澤孝也、重富大輔、前期のみ青島隆明所属)   南部 1位 サトゥーンユナイテッド(小川雄太所属) 4位 トランFC(此村大毅所属)   バンコク東部 12位 ナコンナヨックFC(小針優貴、前期のみ星野快所属)   バンコク西部 4位 クルントンブリFC(菅能正也所属)   7位 JWポリスFC(前期のみ藤代健太所属)   10位 パトゥムタニ大学(渡部大河所属)   と言う成績でした。   この結果、此村大毅が10得点でタイD2南部リーグ得点王を獲得。   そして、山崎健太所属のウボンUMTユナイテッドと小川雄太所属のサトゥーンユナイテッドがタイD1昇格を掛けた、プレーオフに進出が決定。   プレーオフは10月から12月の2ヶ月間にて、全6地域上位2チームの合計12チームをグループに分け、各グループ上位2チームの合計4チームが2016シーズンのタイD1へ昇格致します。   ひとまず、今シーズンのタイD2を戦った選手のみんなお疲れ様でした。   新シーズンは2016年2月から始まる予定です。また、新たな戦いに向けて良い準備をしていきましょう。

タイリーグ(TPL,D1,D2)が開幕

2015シーズンのタイプロリーグであるTPL、D1、D2の各リーグが2月14日に開幕しました。 今期は、 TPL 大久保剛志(Bangkok Glass) D1 林雅人監督、堀田秀平(Songkhla United) D2 井上哲郎(Phere United)、佐藤佳成(Huahin City FC)、星野快、小針優貴(Nakonnayok FC) 藤代健太(JW Police FC)、管能正也(Krungthonburi FC)、渡部大河(PTU FC) 青島隆明(Nakonpanom FC)、小川雄太(Satun United) がタイ国内リーグに所属をしております。 TPL,D1は12月まで、D2は9月まで(プレーオフ進出時は12月まで)長いシーズンが続きます。 各選手のチャレンジをユーロプラスでは全力でサポートをし、共にステップアップをしていきます。   そして、2016シーズンを見据えて、すでに動きだしています。 一人でも多くの選手がステップアップできるように頑張りますので、応援を宜しくお願いいたします。

タイTPLとD1とFAカップが終了、大久保剛志はACLプレーオフへ!

2月28日から開幕をした、TPLとD1の全日程が終了致しました。 TPLは、前年度チャンピオンのブリーラムが今期も優勝、 2位がチョンブリ、3位がBECテロという順位となり、 ユーロプラス契約選手の大久保剛志所属のバンコクグラスは11位となりました。 D1は優勝がナコンラチャシマー、2位がサラブリー、3位がユーロプラス契約選手の小野雄平所属のサイアムネイビーとなり、3チームともに2015シーズンのTPL昇格となりました。 そして、リーグ戦と並行をして行われていた、日本での天皇杯に値するTHAICOM FAカップにてバンコクグラスがリーグ戦2位のチョンブリーを1-0で破り、優勝をしました。 ACLの本戦出場を目指して、プレーオフを戦う予定となっております。 これからの活躍にも注目お願いします!

タイD2のシーズンが終了、プレーオフがスタート!

    2014年のタイ・D2のシーズンが終了し、 これからD1への昇格をかけてチャンピオンズリーグと呼ばれるプレーオフが始まります。   タイ国内でもかなり高い注目度を誇るプレーオフ、 ペチャブリFCに所属をする佐藤佳成が挑みます。   佳成のゴールでD1への昇格を決めてもらい、 D1でプレーをする佳成の姿を見たいと思っています。   そして、今シーズンのユーロプラスのD2の選手ですが、 徐々に日本に帰国をしています。   フテラシーカFC所属の渡部大河は2015シーズンも同チームで戦います。 僅か1試合のみの出場となりましたが、今シーズンに得た経験と悔しさを生かして、 2015シーズンの活躍を期待したいと思います。   サムットプラカーンユナイテッド所属の井上哲郎は、開幕前の前評判を覆すリーグ3位の原動力となりました。 来季は一つ上のカテゴリーのD1へチャレンジをします。 このままでは契約は難しいのでオフの間に良い準備をしてタイに戻ってきてもらいたいです。   ナコンパノムFCの飯田優二はチームからオファーをもらっていますが、移籍をする方向で動いています。 オフをゆっくり過ごしてもらい11月頃から話し合いを進めたいと思います。   同じくナコンパノムに所属をする青島隆晃は、フテラシーカの渡部と同様、あまり出場機会を得ることが出来ませんでした。 しかし、来期も契約があるので、今シーズンの経験を生かして、活躍をしてもらいたいです。   そして、ペチャブリFCの佐藤佳成は本来であればD1でもプレーが出来る選手ですので、 自力でのD1昇格を勝ち取ってもらいたいと思っています。 プレーオフも応援にいきたいと思っています。   プレーオフが終了した後、すぐにD2のトライアウトが各チームスタートします。 ユーロプラスは11月下旬頃からタイトライアウトをスタートをする予定です。 本当に大変な戦いですが、タイへのトライアウトにチャレンジした選手がいましたら、 ユーロプラス本社までお問い合わせください。

オススメの記事

人気の記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!