金曜日, 11月 15, 2019
ホーム タグ タイリーグトライアウト

タグ: タイリーグトライアウト

【タイ】吉田蒼平がサコンナコンFCと契約致しました。

モンテネグロリーグFK.オートラントに所属しておりました吉田蒼平がタイリーグ4に所属するサコンナコンFCと契約致しました。

【タイ】T4のナンFCに吉田直弘が移籍、プレーオフ進出への切り札となれるか

サケーオFCに所属していた吉田直弘のナンFC(T4)への移籍を完了致しました。怪我で苦しんだ前期リーグでしたが、後期リーグでの巻き返しに注目です。

いよいよ後期へ向けたトライアウト期間が始まります。

いよいよ、東南アジア各国は後期リーグに向けた移籍シーズンに入ろうとしています。タイ、カンボジア、ラオスとユーロプラスアジアに所属する選手たちが所属するリーグ、クラブも前期シーズンで上手くいったところ、改善すべき点を洗い出し、新たな戦力を獲得するために動き出しています。

日本でも人気のタイ料理 日本人選手たちの食事とは

海外でサッカーをするのであればその国の料理を食事に慣れることは必須の条件だろう。サッカー選手にとって食事はトレーニングと同じくらい大事なものだ。まずはその国のことを知り、そしてその中で自分がそこに適応していくか。そういった柔軟性や適応力といったものが必要になる。

T2(2部)への昇格チームが決定!

タイ全国を北部と南部の2地域に分けて行われているT3(3部)リーグ。T2への昇格プレーオフ1試合を残し2017シーズンが終了し、T2への昇格、プレーオフ進出チーム、そしてT4への降格チームがそれぞれ決定しました。

タイでプレーする上で必須のタイ英語

チームの中で英語でコミュニケーションが取れるのは1〜2人。もし、タイ人チームメイトとしっかりとしたコミュニケーションが取りたいのであれば、当然タイ語の習得は必須になってくるが、英語とも日本語とも似通わないタイ語の習得は簡単ではない

T3(3部)への昇格プレーオフ進出チームが決定

タイ全国を6つの地域に分けて行われるT4(4部)の2017シーズンが終了、T3への昇格をかけたプレーオフでもあるチャンピオンズリーグへの出場チームが決定。

夏休みでアジアを知るタイサッカー留学

タイリーグは現在世界で一番多くの日本人選手がプレーする海外リーグです。日本人選手の数は減少傾向にあると言われていますが、今シーズンも40人以上の日本人選手がプレーしています。

タイ南部地域のサッカーとは

プーケット、クラビ、サムイ、ピピ島。世界的に有名なビーチリゾートが並ぶタイの南部地域。

タイリーグで日本人ゴールキーパーが活躍するには 

タイリーグでプレーする外国人選手は1チームに5人の登録、そして試合に出場できるのは3人+アジア枠選手1人の計4人。

2017シーズンここまでのタイリーグ1

9人の日本人選手がプレーするタイリーグ1には二人のユーロプラスアジアの選手がプレーしています。

タイリーグでプレーする日本人選手が争うアジア枠 

現在タイリーグ1部には29の国から集まった約90人の外国籍選手がプレーしている。南米、北米、アジア、アフリカ、ヨーロッパと世界中から選手は集まってくる。 

オススメの記事

人気の記事