「ドイツ」ブンデスリーガチーム紹介!日本でも人気が高いチームの1つ BVB 09 Dortmund

852

こんにちは、ユーロプラスインターナショナルです!

私たちは、その選手の能力や将来の目標に合わせて最適な留学、トライアウトプロジェクトをご提案しています。

今回は日本でも有名でファンも多いクラブ “BVB 09 Dortmund” を紹介したいと思います!

ノルトライン=ヴェストファーレン州にある人口約59万人の都市ドルトムント。かつての工業地帯であるルール地方の代表的な街を拠点とするのがボルシア・ドルトムントです。

ボルシア・ドルトムントは1909年に創設されました。これまでリーグ8回、カップ戦3回、チャンピオンズリーグ1回など、多くのタイトルを獲得してきました。

チーム名の”BVB”は、Ballspiel vererin Borussia(バルシュピール フェアライン ボルシア)の略でボルシアの球技クラブを意味しています。チームカラーは黒と黄色です。

会員制のスポーツクラブであり、その会員数は8万8千人以上と言われており、ドイツを代表するビッグクラブであり、世界でも人気の高いクラブであります。

ライバルチームは同じルール地方を本拠地とするシャルケ04であり、ルールダービーとして知られています。

日本で人気が出始めたのは、やはり香川真司選手が移籍した2010年。この年は香川選手以外に、マリオ・ゲッツェやロベルト・レヴァンドフスキら多くの若手がブレイクし、序盤から勝ちを積み重ね、圧倒的な強さで9シーズンぶりのリーグ優勝を果たしました。

その後も多くの若手選手がドルトムントでブレイクし、国内外のビッグクラブへ移籍していくケースが多くみられ、育成にも定評のあるクラブとして認知されるようにもなりました。

現在も、サンチョ(イングランド代表)やハーランド(ノルウェー代表)など多くの有望な若手が在籍しています。

またスタジアムもとても有名で、8万3千人を収容することができる”シグナル・イドゥナ・パルク”をホームスタジアムとしています。

特徴はなんと言っても、立ち見席だけで2万5千人収容可能で、その姿から「黄色い壁」とも呼ばれています!その迫力は凄まじく、見る物を圧倒します。是非一度はスタジアムでの観戦をお勧めします!

トップリーグから下部リーグまで様々な状況があり、ファンの数やダービーなどサッカーを楽しむコンテンツがドイツには多くあります。

ユーロプラスでは数週間~数ヶ月の短期留学から、シーズン通してチームに所属しステップアップを目指す長期留学までご希望に合わせて留学プログラムをご提案しています。

日々進化していくヨーロッパのサッカーを、歴史の長い本番ドイツの地で体感してみてはいかがでしょうか?

前の記事【シンガポール】アルビレックス新潟Sが優勝を決定
次の記事スペイン日本人練習!!