住谷GKのモンテネグロで2週間留学

741

コロナの中モンテネグロで問題なくサッカー選手は留学体験を出来ます。

今回は住谷GKは2週間留学しました。

初日からハードな練習をして自分のGKのパフォーマンスを上げる努力しました。

GKコーチは名門コーチ、現在は1部チームで契約してます。自分のアカデミーを持って各世代キーパーを育てる。今まで各世代モンテネグロ代表のキーパーを育てます。現在のバルセロナBチームのキーパーは彼の教え子。

毎日午前はキーパー練習、午後はチーム練習。GK練習でGK技術、判断、フットワーク、キーパーポジションなどを見習ってます。チーム練習で身長2メートル選手と空中勝負、強烈シュートを止める、現地選手とコミュニケーションをとる、試合のセンスを磨く。

1部チームと練習試合を出来てとても重要な経験した。その試合の映像から自分の出来は分析する。👇

今回2週間留学のサッカーお土産は一生で役に立つ価値になりました。

前の記事【イングランド】ロンドンにある下部リーグの練習場リスト
次の記事【タイ】4ゴールを獲得し活躍をする大井川望末