「ドイツ」ダービー再び!宇田川選手所属TSG Pfeddersheim vs Wormatia Worms

87

こんにちは、ユーロプラスインターナショナルです!

私たちは、その選手の能力や

将来の目標に合わせて最適なサッカー留学・トライアウトプログラムをご提案しています。

今回は、先日行われたTSG Pfeddersheim対Wormatia Wormsのカップ戦の様子を紹介していきたいと思います。

同じ地域にホームを構える両チームは、毎回試合するたび激しいダービーとなります。

昨シーズンもカップ戦で対戦し、その時は1-2でPfeddersheimが敗れています。

今回も多くのサポーターが入り、スタジアムは熱気に包まれます!

スタジアムの盛り上がりもあり、試合開始後、両チームの選手は激しく戦います。

この試合、宇田川選手はサイドバックとしてスタメンから出場。

相手サイドの選手を抑え込みます。

攻撃では簡単にプレーし、チャンスと見るやサイドを駆け上がります。

試合が動いたのは37分、悪くない流れだったPfeddersheimでしたが、簡単なミスから自陣でボールを奪われると、そのままきめられてしまいます。

このまま流れを飲まれてしまうかと思われ3分後、一瞬の隙をつき早い段階で同点に追いつきます。

スコアはそのままで後半に入ると、試合はさらに激しさを増します。

再び試合が動いたのは終盤の82分。またも低い位置でボールを奪われ失点してしまいます。

そして90分、試合終了間際さらに失点を重ね1-3で敗退。

2シーズン連続で同じ相手にカップ戦で敗れてしまいました。試合展開は悪くないものの、小さなミスが試合の明暗を分けてしまいました。

この試合には1500人もの観客がスタジアムに足を運びました。熱気あるスタジアムでミスを恐れず、自分の最高のパフォーマンスを出し切る。これを毎試合継続し成長していくことで世界の大きな舞台で活躍する近道になるのではないでしょうか。

今後も彼の活躍に期待していきたいです。