U-12ソサイチ日本選抜シンガポール遠征【3日目】

537

大会3日目がスタート!

バイキング形式の朝ごはん。野菜、フルーツも盛りだくさん。栄養満点の食事を取り、負ければ終わりの決勝トーナメントに挑む!

決勝トーナメント1回戦

vs OAZ Football Academy(タイ)

リーグ戦とは全く違う負ければ終わりの決勝トーナメントの独特な雰囲気。

緊張からか簡単なパスミス、トラップミス、判断ミスが目立った。予選リーグでは相手のミスによって助けられたが、ここへ勝ち上がってきたチームは自分たちのミスを見逃してくれはしない。立て続けに失点し苦しい立ち上がりの中、なんとか声を掛け合い修正しようとするが、一度狂った歯車はなかなか戻らない。

その後も相手の強力な2枚のアタッカーを止めることができず失点を重ねる。

なんとかダイゴのゴールで一矢報いるもタイムアップ、、、

シンガポールでの闘いが終わった。

1-6というスコア以上に重い現実を突き付けられた。

圧倒的な攻撃力、スピード、フィジカル、目の前であっさりとゴールを決められた。

ドリブルで仕掛けても、パスを受けても、圧倒的な球際の強さ、激しいプレッシャーで潰され、まともに攻撃すらさせてくれなかった。

スペイン、ドイツ、ブラジル、アルゼンチン、、、

目の前で闘った相手はヨーロッパでも南米の強豪でもない。同じアジア地域の同世代たちだ

これが今の実力。通用する部分もそれぞれあったが通用しなかったことの方が多い。

シンガポールで闘わなければ間違いなく味わえなかったはずだ。この経験を絶対に忘れないでほしい。

キミたちはまだ小学生、ゴールデンエイジの時期。これからもっと練習し強く逞しく成長するんだ!そうすればまたチャンスが来るさ。

さあせっかくシンガポールに来たんだ!切り替えて観光を楽しもう!まずはマーライオンとマリーナベイサンズへ!

水を出しては飲んで!?アサヒライオンは大忙し(笑)

お土産屋さん!

サングラスブーム到来!?

勝ったことで得られることもあるが、負けて得られることもある。楽しかったこと、悔しかったこと、、、

そしてサッカーだけでなく、この仲間と過ごした時間。毎日が濃くあっという間に感じたシンガポール遠征。

明日は早朝から日本へ向けて出発!

忘れ物しないようにしっかり荷物をまとめよう。