FITAエリートプログラムU12~タイ遠征~【2日目】

693

おはようございます!今日から「タイインターナショナルカップ2017」が開幕!

全5チームによる総当たり戦。この暑さの中、2日間で25分ハーフを4試合とハードな戦い

しっかりと朝食を取り大会会場へ。今大会で使用するユニフォームに着替え戦闘準備!

第1試合 vs Premruthai

立ち上がりから一進一退の攻防を繰り広げる両チーム

少し落ち着いた流れとなり丁寧にボールを回して行こうとした矢先、安易な横パスのミスから手痛い失点。

前半終了間際に中盤からのコンビネーションプレーで相手守備網を突破し抜け出したコウシのゴールでゲームを振り出しに戻し後半へ。

センターサークルで仁王立ちする相手選手。同世代だが頭2つは抜けている身長、最後尾からゴール前まで飛ばすキック力は前半からU12を苦しめていた。そんな彼が衝撃の一撃を放つ

後半開始の笛とともに右足を一閃、弾丸シュートは失速することなくゴール左角に決まる。ピッチに立ってる選手が誰1人反応できず動けず、、、後半開始1秒での失点はまるでマンガのようだった。

その後ケンショウの追加点で追い上げるがまたしても弾丸キックオフシュートを決められタイムアップ。

大事な初戦を2-4と落としてしまう。

日本では通るはずのパスは毎々くカットされ、ドリブルで抜いたと思っても背後から足が伸びてきて奪われる。苦労して取った1点を数秒で取り返すキック力。

足元の技術、テクニックは間違いなく日本チームが勝ってる。

ではそれをどうやってチームの勝利に繋げるのか、、、海外の選手たちは自分の武器を活かす術を理解している。そのちょっとした差が結果に繋がった。

この先の結果次第ではまだ優勝の可能性は十分ある。下を向くことなく子どもたちで話し合う。まだ誰1人優勝を諦めてない。

第2試合 vs Sattha sasut

試合開始からテンポの良いパス回しで相手ゴールに迫る日本チーム

怒涛のハイプレスもハマり、相手のパスミスをゴール前で奪ったミサキがしっかり決めきり幸先の良い先制ゴール!

その後も攻め続け決定的なシーンを多く作るが追加点を奪えない嫌な流れ。

後半からは一転して相手に攻め込まれる展開となるが、そこに立ち塞がったのはU12守護神のアサヒ!

相手の決定的なシュートを抜群の反応でシュートストップ!5点分の決定機を防いでくれた守護神の活躍とハズキを中心としたDF陣の身体を投げ出したディフェンスで耐えきり1-0で試合終了!

全員でもぎ取ったタイでの初勝利だ。

激闘を演じた両チーム

試合後はお互いを讃え合い仲良く記念撮影

人種、国境、言葉の壁を簡単に越えさせてくれるサッカーというスポーツの素晴らしさを改めて感じた瞬間!

午後に向けてホテルで休憩中「コーチ、、、自分のお土産買うの忘れてました、、、」など

お土産買い忘れ軍団が大量に!(全員でした笑)ということで急遽午後の予定を変更し2回目のお土産タイム!

昨日と同じく巨大ショッピングモールへ!たしかに広すぎて1日では見切れません!昨日回れなかったところもしっかりチェックして完了!

夕飯はもちろんタイ料理!ではなく日本でも同じみケンタッキーへ!

チキンにかぶりつきます!!!

この後はホテルに戻りミーティングをして明日の2試合に備えます。

初戦で負けたチームが日本チームと同じく1勝1敗の成績となり、最終日に優勝の可能性を残した。

残り2試合、死ぬ気で闘って優勝メダルのお土産も日本に持って帰ろうぜ!