U-13 FITA エリートトレーニング 〜スペイン遠征〜 ?

149

トーレビエハカップ大会2日目 3/26 (9:00 a.m)10分程のバス移動後、徒歩で会場へ向かう選手達。




昨日の連戦の疲れは?

時差ボケは?

関係ないのか、、、

13歳のスタミナ&回復力、恐るべし。

そしてラッキーな事に、1試合観戦してからのスタート。

試合日程が重なると、一つ一つのスケジュール、微妙な時間の使い方が選手のパフォーマンスを左右する。


予選リーグ3試合目 (10:00 a.m)

「U-13 FITAトレセン vs Sp. Guardamar B」


??
?この試合、前夜の十分な睡眠、環境に対する慣れ、前日の2試合で吸収したピッチ上での感覚、敗戦の悔しさ、etc…
全ての鬱憤を爆発、ポテンシャルを解放させたイレブンはなんと前半のみで7得点、後半2得点、失点1、圧巻のゴールラッシュで圧勝。


?得点者:

前半5分、前半12分:黒田

前半7分、前半9分、前半17分、前半23分:中村(凌)

後半15分、後半22分:小園

相手のオウンゴールを合わせて合計9得点。

前日の2試合目、「Ciudad de Pinto」を相手に1-3で敗戦を喫したFITAジャパン。その「Ciudad de Pinto」を2-1で倒した相手に圧勝。

9得点が功を喫し得失点差でグループを2位で突破、上位決定戦に食い込んだ!


トーレビエハカップ大会HP
http://competiciondeportiva.com/competicion/clasificacion?data=loOFsjFoW0Q=

(日本語訳なし)

ランチブレイクを挟んで間もなく準決勝。

サッカー大国、噂が広まるのも早く、日本から来たU-13 FITAトレセン、既に人気者♪


??

 

いつの間にか、年上スペイン女性人の餌食に。
「あなた達、グループ突破おめでとう!」

結果が全ての世界。

大会をサポートする方々の反応も分かりやすい。

そして全員、このお姉さん方も、サッカーの本質を理解している。
トーレビエハカップ決勝トーナメント一回戦

「FITA U-13トレセン vs Ranero C.F.」(1:00 p.m)



??
??

前半早々、こぼれ球を拾った相手の10番に強烈なミドルを叩き込まれる。

相手は格上。

1人1人の能力、戦い方、戦術眼、組織力、計60分の試合で力量を差を埋めるのは難しかった。

なかなか前線でチャンスを作れず、ディフェンス陣が必死に耐えしのぐ時間が続く。

試合結果:0-2

u-13 FITAイレブンの公式戦は終了した。

最後まで全力で戦った選手達。会場が暖かい拍手で包まれる。


??

戦いの後は、はしゃげ!


??

?スペイン遠征はまだまだ続く。