フォルツァ選抜大会2日目

147

予選第3試合

vs Bintang Garuda ss(インドネシア)

1-3(リオウ)

開始早々からしっかりバトルして、五分五分の展開が続く。しかし、次第に相手ペースに。

その影響からか選手たちに焦りが。イージーミスが増えはじめる。そして、簡単なミス、声掛けができず、立て続けに失点。

その後なんとかリオウが1点返すも万事休す。

集中力。22分最大集中できれば負けない相手。次に切り替え、しっかり修正して臨もう。

予選第4試合

vs Anusorn FC(タイ)

1-2(ルイト)

非常にいい試合。ミスはあれども皆で助け合いチームプレーも共有しながらやれた。一人一人が全力でやれいただけに負けてしまったことは非常に悔やまれる。質もだんだん良くなっている。その分非常に悔しい。終わった後はみんな悔し泣き。

ただ、このまま終わるわけにはいかない。

続けるしかない。

予選第5試合

vs Chelsea FC(インドネシア)

0-2

勝てない。内容が悪くないだけに、、あと一歩が足りない。相手が弱いわけではない。かといって歯が立たないわけでもない。勝てるのに勝てない。しかしこれこそが差かもしれない。

なんとか勝たせてあげたい。

ラスト1試合。

予選第6試合

vs NFDP ATPP(マレーシア)

0-1

グループリーグ1〜2位のチーム。

この試合も同様、勝てない試合ではない。ただ、やはり最後の詰めに差がある。1対1、コントロールパス、身体の使い方、相手が少しだが上回る。

すぐにはそこは追い越せない。今は一人一人がもう10%ずつ力を振り絞って総合力、チームワークで立ち向かわないといけない。

決勝トーナメントにいけず、、非常に残念ではあるが、明日まだ試合はある。

下位トーナメント優勝を目指し、最後の力を振り絞ろう。やるしかない。

試合後は、リフレッシュ!

プールでクールダウン!