大学選抜タイ遠征 〜アジアの壁〜

156

朝は観光からスタート!

アットポー、アットアルンに行ってきました。

 

海外自体が初めての選手も多く、見るものすべてが新鮮のようで、

かなり楽しんでいましたね。

こんな格好に着替えてみたり笑

 

 

午後からは気持ちを切り替えて大会に挑みます。

バンコクFC、パチョムガィ大学と3チームでのリーグ戦です。

 

まずは、プロチーム「バンコクFC」戦です。

昨日対戦したスラタニーとは違い全体的に若い選手が多くかなり動きます。

先日行なわれたカップ戦では準優勝したそうです。

その力は今日の試合でも感じました。

こちらも惜しいシュートシーンを何度も作りましたか、ゴールを割ることはできず、

残念ながら、0−3で敗れました。

 

 

次にタイでの初勝利をかけて「パチョムガィ大学」戦に挑みました!

同年代とチームということで、かなり意識していましたね。

先制点を上げるもすぐに追いつかれ、逆転というシーソーゲームの展開。

熱い試合となり激しい接触から両チームのファウル数も溜まり、第2PKもありました。

終了間際に2−3とされ敗戦濃厚となりましたが、最後に見事な崩しから追いつき

3−3の引き分けとなりました!

勝ち星をあげることは出来ませんでしたが、チームとして、個人として昨日と比べても

レベルアップしたことを感じましたね。

現地コーディネーターの真野さん、軽部さんから1番評価が高かった

伊藤玄選手をチームMVPとして表彰しました。

 

しかし、タイは強かった。

世界ランキングを見ても、日本の1つ下の11位と力の差はありません。

サッカーの日本と韓国の関係のように、フットサルではタイ、イラン(世界ランキング7位)と今後も競っていくことになります。

遠征初勝利は2週間後に遠征するU-15に託すことにします。

 

さぁ、明日はいよいよW杯「日本vsポルトガル」を観戦します。

グループリーグ突破のために勝ち点をあげたい大事な一戦。

タイ遠征もラスト1日、楽しみましょう!!