トレーニング2

58

今回は、前回と同じくシュート(クロスからの)をテーマにし、ポイントはクロスのスピードと、中の選手の動きだしに的を絞って行いました。

 

始めは何も言わずに行いましたが、案の定、クロスボールにスピードもなく、中の選手もただ単に動いている感じでした。それだとやはりいいゴールも生まれないし、そもそも上達もしません。

ということで、一旦練習を止め、その話をすると。

 

それ以降の練習が激変してしまいました(笑)

 

クロスのスピード(低くて速い)があがり、それにより中の選手はちょっとあてるだけ、そらすだけでも力強いシュートが打てるようになり、中の動きもクロススピードが速いので、一瞬相手を引き離すだけで、フリーでシュートを打てる。逆にGK,DFも一瞬でも気を抜くとやられてしまうという心が芽生えるので、さらにハードマーク、準備、集中力の質が向上していく。

 

クロススピードが上がるだけで、このように全てが変わってきます。

選手たちも今回のトレーニングで実際に体感して、あ?なるほどな?と感じて、なにかヒントを得たはずです。

 

ま?、まだまだスキルアップしなければならないことはたくさんありますが…。

 

でもこうやってちょっとずつそういう積み重ねをしていくことが、スキルアップにつながっていくので、毎回練習で必ず何かを学んで、吸収していってもらいたいです。

あと、例えば練習が終わった後とかでも、個人的にも、こういう場合どうしたらいいっすかね??とか何でもいいので質問して、もっともっとサッカーに対して貪欲になってもらいたいです。

 

結局最終的に成功する選手は貪欲な選手です。最近でいえば、ドイツ、オリンピック代表で大活躍の大津選手ですかね。非常に貪欲な選手です。

というわけで、みんなも貪欲な選手になりましょう!!!