スポマネ関東トレセン選抜「マドリード遠征」?

47

4日目 (大会最終日)
12/21 9:30


午前中はマドリード市内を観光。


「うわー、スペインっぽい!」

それもそのはず。

ベルナベウ、試合会場、ホテルの往復を全てバス移動で行なっていたが上、4日目に来て初めて、素直に実感した事であろう。
太陽の国スペインの首都マドリード、中心街を堪能。



自由時間を儲けた後、最後の戦いが待つモラタラスの会場へ。

14:00

昼食、休憩。




全日程、良い天気に恵まれた。

17:00

最終戦(リーグ3位同士の順位決定戦)


vs AD Villaverde Bajo

高橋

渡邉                        今川

諸井

古平        武内

遠藤     榎田       三好    今川
山崎

Substitute: 村上、日高、河合

毎試合接戦を演じてここまで来ている関東トレセン選抜。「引き分け→負け」と続いていてラストは勝利で締めくくりたい。コンディションは万全。言い訳はできない。

負けは、日本に帰るまでの雰囲気に多大な影響を及ぼし、半年間行なってきた活動の締めとしては全く相応しくない。

しかしサッカー、相手がいて初めて成り立つスポーツ、ぶつかる相手はスペイン人。

そんなに甘くはない。


入りの良かった前半であったが8分、相手の強烈なミドルが決まり先制される。決定力を見せ付けられる。しかし、自分達のサッカーを貫く関東選抜、諸井からのスルーパスに抜け出した渡邉がスピードを生かしキーパーと1対1、巧く爪先で押し込み同点にする。機動力で上回る関東選抜、中盤での主導権を握りながら試合を進め、前半を1-1で折り返す。


後半、ここからが本当の勝負。前半、前線でスピードを生かし決定機を多数演出、相手にダメージを与え続けていた高橋に代えて村上を投入。

後半18分、相手陣内、左サイドの深いエリアでプレス、慌てて出たバックパスをキーパーが処理しきれず、こぼれ球に反応した諸井が押し込み逆転。

ここからチームは一気に波に乗る。

武内からの丁寧なパスで裏へ巧く抜け出した村上。キーパーが飛び出すものの左へ流れ冷静に決めた。留めに、右サイドを個人技で抜け出した諸井からスピードのあるクロス、日高ニアで合わせ4-1。

勝負あり。

相手は苛立ちを隠せず、試合が荒れ始めた所で終了の笛が鳴った。

ラストゲーム、勝利で締めくくった。

笑顔、充実感、安堵。

活動の集大成。

ラストゲーム。

勝ちというシンプルな結果が与えてくれる感情は、計り知れない。これで「楽しく」帰れる。

「海外に来て、スペイン人とピッチ上でぶつかり合って最初に思った事は、1つ1つのプレイに対する気持ちの入れ方、勝ちに対する拘りの次元が違う事。分かってはいても、体感無しでは理解のできない重要な事に気付きました。」

その経験は、一生、財産になる。


サッカーに感謝。

親に感謝。

さあ、ゆっくり休んで、日本に帰ろう。
全選手、お疲れ様でした!
It was a fantastic journey !