アルベルト・レアルメソッドトレーニング 7月18日

23

埼玉で活動されているクラブチームにてクリニックを開催しました。

最初は固い印象の選手達でしたが練習が始まると必死にボールを追いかけ、

アルベルトが全員に声を掛けると「OK!!と大きな返事が返ってくるようになりました。

DSC_2345

 

練習内容は何か特別なことをするわけではありません。

スペインでも基礎は大切です。

ただ、日本で見られるような止まって対面でパス&トラップは行ないません。

常に動きながら、ボールを受けます。

レアルなら2分間継続して行なう練習ですが、本日はたったの1分間。

 

それでも、常に動き続ける1分間はかなり疲れます。

でも、疲れてきたときこそ、技術の精度やメンタルが試されます。

 

そして、アルベルトが毎回話すのが、勉強も大事だということ。

「ノー、ベンキョウ!ノー、シュクダイ!」はダメという話。

レアルのカンテラの選手たちは学校の成績が悪いと

チームから追い出されることもあります。

 

サッカーはもちろん、勉強も頑張らないといけません。

選手としてだけでなく、人間的に大きくならなければなりません。

 

この夏、クリニックで交流する選手たちが、成長していく姿を

アルベルトは本当に楽しみにしています。

そして、チームの中でも特に良かった選手には、

「今度スペインに来い!」と声をかけていました。

 

まだまだ続く夏のクリニックですが、参加される選手たちは

その日のMVPを目指して取り組みましょう!!

DSC_2348