ソサイチ日本選抜タイ・パタヤ遠征

361

ソサイチ日本選抜、タイ・パタヤ遠征3日目。

今日はメインとなる大会、「タイ・インターナショナルカップ」でした。

今大会は4チームで行われ、総当りで勝ち点の1番多いチームが優勝。

参加チームは、

?ソサイチ日本選抜


?ENKKU


?BUUFC

?CHONBURI

試合結果

1試合目

VS CHONBURI

6-2勝利



2試合目

VS BUUFC

5-4勝利


  

3試合目

VS ENKKU

7-8負け


  

3戦2勝1敗勝ち点6で得失点差に泣き、惜しくも準優勝となりました。
結果を見ても分かるように、とにかく最後まで激しい点の取り合いになりました。
特に2試合目は、優勝したチーム相手に対して最後の最後で大逆転しての大金星。
本当に素晴らしい勝利でした。

3試合目は、アフリカ人主体のチームにフィジカルで圧倒され、一時は2点差となりましたが、終盤にGKが退場し1人少なくなった状況で一気に厳しくなり、競り負けてしまいました。
結果は非常に悔しいものでしたが、本当に素晴らしい試合を選手達はしてくれました。

特に、外国人相手にも球際の競り合い、ボールへの寄せは負けていませんでした。

ただ、最後はやはりフィジカルの差が出て運動量の部分で負けてしまいました。
日本ではあり得ないファールやプレーの経験値はとても大きいものでした。



普段は、学生や社会人としてサッカーをプレーする選手達。
なかなか普段経験出来ないことが、この3日間で体験出来たはずです。
異国の文化に触れたことも、日本に居ては経験出来なかったことです。
良くも悪くも、このアウェーでの経験を今後の自身の生活・サッカーに活かしてほしいと思います。
選手のみんな、本当にお疲れ様でした!