T2(2部)への昇格チームが決定!

234
Image by Samut sakhon fc

タイ全国を北部と南部の2地域に分けて行われているT3(3部)リーグ。T2への昇格プレーオフ1試合を残し2017シーズンが終了し、T2への昇格、プレーオフ進出チーム、そしてT4への降格チームがそれぞれ決定しました。

Image by Khonkaen fc

北部

優勝 コンケーンFC (T2昇格決定)

2位 ウドンタニFC (プレーオフ)

シンブリー・バンクラジャンFC (T4降格)

北部の優勝はコンケーンFC。T1で活躍した外国人選手やセレッソ大阪から吉野選手など実力のある選手を揃えた今シーズン。前評判の高かったウドンタニFCに競り勝っての優勝でした。ウドンタニFCも長らくタイサッカーを牽引する存在として活躍して来た猿田選手や下地選手といった大物外国人を獲得、悲願の昇格に挑みましたが優勝には一歩届かず。プレーオフからの昇格に臨みます。シーズン当初、日本人監督、日本人選手を5人揃えたシンブリーFCは悔しい降格となりました。

 

Image by Samut sakhon fc

南部

優勝 サムサコーンFC (T2昇格決定)

2位 トランFC (プレーオフ)

クルントンブリFC (T4降格)

南部の優勝はサムサコーンFC。昨シーズンはこのエリアで優勝するも昇格プレーオフで敗退、今年は悲願の昇格を果たしました。トランFCはウドンタニFCとのプレーオフに回ることになりました。前評判ではウドンタニFCの方が上ですが、勢いと勝負強さが求められるプレーオフ、どうなるかは始まって見なければ分かりません。日本人2人、韓国人2人、イラン人とアジア人で外国人枠を固めたクルントンブリFCは無念の降格となりました。