セルビア スーペルリーガ 志村 謄 選手の活躍

142

FKスパルタク スボティツア vs パルチザン ベオグラードの試合視察。


*試合ハイライトhttps://www.youtube.com/watch?v=P0pT46U_q-c
セルビア1部 FKスパルタクには志村選手が所属。

志村は3年前の冬にモンテネグロトライアルに参加し,実に4チームも移籍を繰り返しこの夏にセルビアリーグ1部に移籍。

日本では経歴もない無名の選手であった志村選手が名門パルチザンと公式戦を戦うこと、それがどれくらいの価値があるかわかるだろうか。

そしてパルチザンは先日 ヨーロッパリーグで、スイスのビッククラブであるヤングボイーズを破り 13年ぶりにベスト16を決めていることもあり この試合にはドイツ イタリア イングランド スペイン など5大リーグからもスカウト チーム関係者 エージェントが試合視察に来ていた。

*パルチザンの選手移籍金は億円以上

*セルビア モンテネグロなどの代表選手が所属

 

格上相手の試合だったが、立ち上がりから攻守にわたって積極的に相手を攻め立てスパルタクは素晴らしい試合運びを見せた。

 

志村選手を中心に、特にFW CBは5大リーグでプレーが出来ると感じた。


結果は1vs1 この試合に限ってはスパルタクの方が良いパフォーマンスを見せた。

 

チーム予算は全く違う サッカーの強さは予算に比例しないし サッカーは実力で 嘘をつかないし グランドの上には誰にでもチャンスがある。

目にみえないハングリーな気持ち心はここまで人を成長し 這い上がる活力になると改めて確信した。

厳しい環境で養われる メンタルの強さはお金では決して買えないし人生の価値である。

ただ日本を出たら理不尽なことや困ることばかりが待っていて楽しいことよりも辛いことの方が多いその体験が成長の糧になり経験が財産となる。

 

サッカーで海を渡った以上サッカーで結果を出すしかない世界 相当な覚悟 勇気がいる。

だから最後に必要になるのは 経歴でも技術でもなく 人間力。

 

“諦めない心 這いつくばる覚悟があれば、這い上がれる道がある”

 

これが志村の道だと感じた。

 

 

今日の試合は雨の中の試合だったが、熱く 最高に感動した試合でした。

日本人の可能性 セルビア モンテネグロリーグの可能性を大いに感じる事が出来た。

これからも志村選手の夢に力になれるようにサポートしていきます。