【ラオス】本間和生のシーズン10得点目もありラオトヨタFCが勝利で首位をキープ

671
引用:Lao Toyota FC Facebook page

7月20日(土)ラオプレミアリーグ第10節、ラオトヨタFC対エヴォユナイテッドの試合がラオス国立競技場で行われ、ラオトヨタFCが2-0で勝利しました。この試合にユーロプラス所属の大谷壮馬と本間和生は先発出場、本間和生は前半16分に先制点となるゴールを決め勝利に大きく貢献しました。

試合は終始ラオトヨタがゲームの主導権を握る展開となりました。セットプレーから本間和生とアマロがゴールを奪い2−0とするも、力の差があるチーム相手に流れの中からゴールを奪うことができず、ラオトヨタFCとしては反省点の残る試合となりました。

引用:Lao Toyota FC Facebook page

大谷壮馬

『この試合はチームとして思うようにゲームを運ぶことができたと思います。しかし、セットプレー以外からゴールを奪えなかったこと、そして個人的にも結果を残せなかったので納得はできない試合となりました。土曜に試合をして、次は明日、そしてまた土曜に試合が待っています、この3連戦でしっかりと3勝すること。そして個人としても結果を残せるように頑張ります。』

この試合の結果、ラオトヨタFCは勝ち点を25に伸ばし、2位のヤングエレファントFCに6ポイント差をつけて首位をキープしています。

引用:Lao Toyota FC Facebook page

残り試合数は5試合。次節は24日にポリスとの対戦となっています。ここまで大谷は3得点、本間和生は10得点を記録しています。チームとしてはリーグ優勝はもちろん、個人としてもさらに結果にこだわって頑張ってもらいたいと思っております。

前の記事ユベントスキャンプ2019 〜2日目〜
次の記事本場トリノ、ユベントスサマーキャンプ!