最終盤を迎えたタイリーグ1

87

2月11日に開幕した2017シーズンのタイリーグ1も残り3試合。シーズンの佳境を迎えています。昨シーズンDivision1で2位、今シーズンは初のトップリーグを戦うUbon UMT の山崎健太に話を聞きました。

今現在のチーム状況はどうですか?

シーズンの序盤ではチームとして良い戦い方もできていましたし、結果も出ていました。しかし後半からは相手チームからも警戒されるようになったり、前期に活躍した選手が他のチームに引き抜かれてしまったということもあり、難しい試合が続いています。

リーグ戦ここ5試合では勝ちもありませんね。

前期の結果が良かったので10位という順位にいれる状況ですね。チームの状況としては良いとは決して言えません。しんどい時期ではありますが、切り替えて一試合一試合でベストを尽くすだけです。

ここまで個人のパフォーマンスとしてはどうですか?

個人としては退場して出場停止だった試合を除けば全ての試合でフル出場をしています。ポジションはウイングバックからボランチ、サイドバックと色々なポジションをやることが多いですが、使ってもらっていることには感謝していますし、何とかチームの力になりたいと思っています。

今シーズンは残り3試合ですね

残りの試合はムアントン、スーパーパワー、そしてシーサッケトとの試合が残っています。残りの3試合は全てホームでの試合なので、ホームのサポーターと一緒に喜んで今シーズンが終われるように頑張りたいと思います。