大学卒業後に「プロ」を目指す!選手が知らない落とし穴とは!?

2546

大学生の海外挑戦
一番人気な国はどこ?

▼答えは下にあります▼

ヒント①

現在250人以上所属

ヒント②

日本代表選手も活躍

答えは「ドイツ」です。

選手情報等を掲載するTransfermarktによると、現在ドイツでは約250人の日本人選手がプレー(ドイツ6部以上に限る)しています。

これは同サイトに掲載されている、海外でプレーする日本人選手の約半分を占めています。

海外挑戦の場として最適と思われるドイツですが、実は大きな落とし穴があります。

選手としての経験は積めるが
「プロ」にはなれない

というのもドイツでプレーする日本人の95%がアマチュア選手です。

高校卒業後の18歳の選手などにとっては、下積みとしての経験、プロ選手への準備として最適だと思います。数年後にサッカー選手としての経験は必ず生きてくるはずです。

21歳を超えた選手はもう遅い?

ドイツやスペインのようなサッカー大国で21〜22歳の選手が下部リーグからステップアップを目的とするのは無謀と言わざるを得ません。

では海外挑戦に意味はないのか?それなりのカテゴリーで細々プレーすることしかできないのか?

安心してください。
まだ間に合う方法があります。

実は選手が知らない、
30人以上のプロ選手を輩出してきたユーロプラスが知る
「プロ選手へステップアップ」
する方法があるのです。

▼そんな情報が詰まった1冊をココから無料でGET!▼

その前に年間1000人以上サポートし、多数のプロ選手を輩出してきたユーロプラスのサポート選手で、ステップアップした例をご紹介します。※2019年時点

日本人選手のステップアップの歴史

加藤恒平 選手

ポーランド1部(TSポドベスキジェ)
ブルガリア1部(PFCベロエ)
Jリーグ(サガン鳥栖)・・・などでプレー

日本代表候補に選出!

志村騰 選手

セルビア1部(FKスパルタク・スボティツァ)
Jリーグ(FC町田ゼルビア)・・・などでプレー

クラブ初の外国籍選手として
キャプテン&100試合出場達成!

これらの選手たちはなぜステップアップできたのか?

▼答えはここにある!ここから手に入れろ!

プロになるための1冊が
無料で手に入る!

さらに期間限定で

▼5万円割引チケットが付いてくるのは1月8日まで!!▼

前の記事イタリアフットサル留学生のナマの感想とは?ポジティブ?それともネガティブ??
次の記事【キミの進路は正しいか?】プロを目指す高校生が知るべき秘密とは?