タイサッカー留学!

453

コンサドーレ札幌のチャナティップを筆頭にJリーグで活躍するタイ人選手が増え、日本代表経験もあるビックネームの移籍などもあり、タイサッカーへの関心は日本国内でも高まりつつあります。

アジアカップでは決勝トーナメントで中国に敗れましたが、タイは代表レベルでも東南アジアでは1、2位を争う強豪国です。もともと身体能力が高く、器用さを持ち合わせるタイ人のこれからの伸びしろは計り知れません。

そんな東南アジアサッカーの中心タイでサッカー留学をするというのは若い選手にとって非常に大きな経験になります。

今回やってきた山崎くんは埼玉の大学に通う20歳の大学生。大学ではサッカー部に所属し、将来への見識を広める為にオフの期間を利用してタイにやってきました。

現在山崎くんはタイ3部の強豪ノースバンコクFCの練習に参加しています。2018シーズンに4部リーグから昇格してきたクラブですが、若く才能のある選手達と、タイのトップクラブでも経験のあるベテラン選手がうまく融合した好チームです。

2週間という決して長くはない留学期間ですが、プロとはどういうものなのか、外国人助っ人とはどういうものなのか、東南アジアとはどういう所なのか。この期間の中で彼にはたくさんの経験を積んで帰って欲しいと思っています。