台湾リーグが閉幕し大阪が所属する航源FCは3位

550
引用:航源FC facebook page

12月1日の最終節を持って2019シーズンの日程を終えた台湾プレミアリーグ、ユーロプラスアジアの大阪郁馬が所属する航源FCは3位でリーグ戦を終えました。

航源FCの最終節の相手は最下位の台北レッドライオンズ。大阪郁馬はセンターバックのポジションで先発出場し、フル出場で3-1での勝利に貢献しました。

リーグ戦の優勝クラブには来シーズンのAFCカップ本戦からの出場権、2位のクラブにはプレーオフへの出場権が与えられる台湾プレミアリーグ。残念ながら今シーズンは惜しくも3位という結果でしたが、来シーズン以降のAFCカップへの出場、そしてここからのステップアップが大阪郁馬には期待されます。

前の記事FITAエリートプログラムタイ遠征大会2日目U11
次の記事「ドイツ」前期最終戦を6得点の勝利で収める!村田選手、正條選手出場VfB Ginsheim vs Hanauer FC