2024年春のスペインキャンプ〜4日目〜

1011

Hola! Buenos dias!
スペインキャンプ4日目です!

今日はとてもハードな1日となりました。
まずは言わずとしれたビッククラブである、アトレティコ・マドリードの本拠地である「シビタス・メトロポリターノ」のスタジアムツアーへ!

プロの選手が実際に使用するロッカールームやトレーニングルームなど裏側を見れ、さらにピッチ脇のベンチまで、普段は入れない場所までたくさん見れました。ショップではみんなたくさんお買い物していました!!

そしてそのままヘタフェvsセビージャの試合観戦へ!
柴崎岳選手や久保建英選手も所属していたヘタフェ!そしてセビージャには元レアル・マドリードのセルヒオ・ラモス選手が現在活躍しています!
熱狂に包まれたスタジアムでいざキックオフ!
開始そうそうに本日誕生日のセルヒオ・ラモス選手が、コーナーキックからこぼれ球を押し込みバースデーゴールで先制!その後もヘタフェの猛攻を凌いだセビージャがアウェイで勝利を収めました。

ひとつひとつのプレーに対しての盛り上がり、熱狂ぶりを目の当たりにしました。海外のサッカーがなぜ文化と呼ばれるのか?そのひとつを見れたと思います。

そして各チーム予選最後の試合へ向かいます。

【小学生チーム】
EUROPLUS A vs CD MEJORENO 2-2(フウタx2)

予選最終戦となる試合、全員で気合をいれて臨みました。

連戦の疲れのせいか足取りが重く、プレスがあと一歩甘い場面が続きました。寄せの甘さから連続でロングシュートを決められ2点ビハインドで前半を折り返しました。後半は気持ちを入れ替え、相手の要所をしっかりと潰せるようになりました。フウタのセットプレーで1点を返し、カウンターから更に同点ゴールを奪います。逆転のゴールを狙うも最後まで決めることができず、同点で試合終了しました。

【小学生チーム】
EUROPLUS B vs HISPANOS CF 4-10(ケンショウ、メイx3)

本日の試合も残念ながら10-4での敗北となりました。開始早々の相手のコーナーキックからの失点や、相手の高度な連携に苦しむ場面もありましたが、前半終了間際にはケンショウのロングシュートで1点を返しました。後半では戦術を変え、守備に重点を置きながら失点を抑え、メイの素晴らしい4人抜きゴールでさらに1点を追加しました。そして、その後もメイの2ゴールで点差を縮めることはできたものの、相手に追いつくことができませんでした。本日の試合をもちまして予選敗退となりましたが、スペイン現地のクラブチームとの対戦は、高いレベルのサッカーを経験する貴重な機会となりました。

【中学生チーム】
EUROPLUS vs LA POVEDA 5-0(レンジ、アキヒロx2、フウト、ユウマ)

集大成となるゲームでこれまでの経験を活かして臨みました。前半はレンジがフリーキックを直接決め1点リードで折り返します。後半も主導権は握りつつも追加点を奪えない展開でしたが、訪れるピンチはGKリクを中心にしっかりつ集中して守ります。その後アキヒロ、フウト、ユウマの追加点でリードを広げ勝利を掴みました。

前の記事2024年春のスペインキャンプ〜3日目〜
次の記事2024春のユベントスキャンプ7日目