【緊急募集】モンテネグロリーグトライアウト

383

日本代表選手やヨーロッパ中堅国へ多くの日本人選手を輩出しているモンテネグロ。2020-21シーズンは18名の日本人が各クラブと契約し、プロサッカー選手としてのステップアップを目指して闘っていた。2021-22シーズンも中盤に差し掛かっている。そんな現地クラブからは各チーム後半戦へのピンポイント補強や、怪我人などのアクシデントへの対応、優勝・昇格を目指すための即戦力など、冬の移籍ウインドウに向けプレーヤーリクエストが続々届いている。日本人のキャリアスタート、ステップアップ国として欧州でも群を抜いている東欧モンテネグロの地からトッププレイヤーを目指せ!

今冬のトライアウトは1月からスタート!

本気でプロを目指す選手【3名限定】で急遽募集します!
11月末までの期間限定となるので興味がある方はお早めにお問い合わせください!

現地各クラブから続々届くプレーヤーリクエスト

モンテネグロ1部上位クラブ:ポジション:中盤、ウイング、サイドハーフ、サイドバック
モンテネグロ1部クラブ:ポジション:中盤、サイドバック
モンテネグロ1部クラブ:ポジション:フォワード、中盤
モンテネグロ2部クラブ※現在2部首位:中盤、サイドハーフ
モンテネグロ2部クラブ※現在2部2位:中盤、トップ下

※現地クラブのリクエストは基本的にU23(大学生、大卒選手)の選手が対象。

21年夏に参加しモンテネグロで活躍する瀬長選手のインタビュー

瀬長直亮(Senaga Naoaki)

2000年生まれ。OFK MLADOT所属。2021年冬のトライアルにて渡航するも怪我による帰国を余儀なくされる。21年夏に再びモンテネグロに挑戦し、見事モンテネグロ2部を戦うOFK マドストと契約。開幕戦から途中出場でデビューを飾り、すでに10試合以上出場している。

Q.トライアルに参加した理由は何ですか?
高校時代にイギリスへ遠征に行った際に、海外のレベルの高さに驚きました。あと実際にアーセナルの試合を観戦することができ、そこでの雰囲気に圧倒されいつかここでプレーしたいと思うようになりました。大学4年になり進路を考える中で海外に挑戦したい気持ちが大きくなりトライアルに参加しました。

Q.日本との違いはありましたか?
瀬長)まずフィジカルの違いに驚きました。体も大きくある程度意識していましたが、想像以上にリーチが長く、適応が必要でした。しかし技術やスピードの部分では十分通用していると思うので、そこを生かして行きたいと思います。

Q.今後の目標を教えて下さい。
まずはこのチームで昇格を狙っていますが、個人的には5ゴールを目標に掲げています。モンテネグロで活躍すれば、ヨーロッパの上のリーグでプレーするチャンスがあると、こっちに来てより強く感じるようになったので1部や上のリーグでのプレーも目指しています。

モンテネグロからプロキャリアをスタートさせステップアップした選手一例

加藤恒平(Kato Kohei)

FKルダル・プリェヴリャ(モンテネグロ1部)
→TSポドベスキジェ・ビェルスコ=ビャワ(ポーランド1部)
→PFCベロエ・スタラ・ザゴラ(ブルガリア1部)
→サガン鳥栖(J1)
※日本代表選出(W杯アジア三次予選イラク戦)

・石原卓(Ishihara Taku)

FKムラドスト・ポドゴリツァ(モンテネグロ1部)→FCエルツゲビルゲ・アウエ(ドイツ2部)→1.FCザールブリュッケン(ドイツ3部※期限付き移籍)→TSGノイシュトレーリッツ(ドイツ4部※期限付き移籍)

・伊藤 剛(Ito Go)

FKゾラ・スプス(モンテネグロ2部)→FKコム・ポドゴリツァ(モンテネグロ1部)→FKイスクラ・ダニロヴグラード(モンテネグロ1部)→NKズビエズダ・グラダチャツ(ボスニア・ヘルツェゴビナ1部)→湘南ベルマーレ(J1)→福島ユナイテッド(J3)

・野間涼太(Noma Ryota)

FKルダル・プリェヴリャ(モンテネグロ1部)→ラドニチュキ・ニシュ(セルビア1部)→SKAハバロフスク(ロシア2部)→イスティクロル(タジキスタン1部)

・志村謄(Shimura Noboru)

FKベラネ(モンテネグロ1部)→FKモルナル(モンテネグロ1部)→FKスティエスカ・ニクシッチ(1部)→FKスパルタク・スボティツァ(セルビア1部)→FC町田ゼルビア(J2※期限付き移籍)→FKスパルタク・スボティツァ(セルビア1部)

・後藤 京介(Goto Kyosuke)

FKモグレン(モンテネグロ1部)→FKイスクラ・ダニロヴグラード(モンテネグロ1部)→Y.S.C.C.横浜(J3)→ヴァンフォーレ甲府(J2)→ザスパクサツ群馬(J3)→いわてグルージャ盛岡(J3)

・山崎 健太(Yamazaki Kenta)

FKベラネ(モンテネグロ2部)→OFKグルバリ(モンテネグロ1部)→ウボンUMTユナイテッドFC(タイ1部)→ボーウング・ケット・アンコール(カンボジア1部)

・禹 相皓(Woo Sang-Ho)

OFKペトロヴァツ(モンテネグロ1部)→大邱FC(韓国1部)→FC岐阜(J2)→愛媛FC(J2)→栃木SC(J3)→サイゴンFC(ベトナム1部)

本気でプロキャリアをスタートさせたい選手からのご連絡をお待ちしております。
まずは下記フォームよりお問い合わせください。詳細などをご説明させていただきます。

今後の流れ

1.エントリー・個別面談

エントリーフォームより申し込みをお願いします。お申し込み順に随時、個別面談を実施致します。現在の状況だけでなく、今後のビジョン、熱意も含めて審査させていただきます。

2.合格発表

個別面談実施後、1週間前後で合格者に連絡をさせていただきます。合格選手には改めて今後のサポート、現地トライアウトについてご説明させていただきます。

3.渡航に向けて

今回は2021~22年シーズンの契約を目指し、1ヶ月間の現地トライアウトへ出発を予定しています。現地のサポートはユーロプラスが行います。現地だけではなく出発までの過ごし方もサポートいたします。

4.渡航・契約について

現地到着後は、モンテネグロにてトレーニングマッチや、各クラブへの練習参加などを経て契約を目指します。契約を勝ち取った選手はモンテネグロでの挑戦を弊社がサポート!さらなるステップアップ、成長を目指します!
※サポート内容は各選手と個別に決定いたします。

応募フォーム

前の記事スペイン 留学生紹介!
次の記事「ドイツ」ブンデスリーガのチームを紹介!過去に日本人選手も多く在籍したクラブ”VfL Bochum”