【ラオス】連覇に向けて突き進むラオトヨタFC

158

2014年に設立されたラオトヨタFCは2015年にラオス国内リーグ初優勝、その後、2017年、2018年、2019年と3連覇を達成。そして、今シーズンは4連覇を掛けてリーグを戦い、8試合を経過して首位を死守している。

今年のラオリーグ1は合計7チームにて、ホーム&アウェイ形式にて競う為、1チームあたり12試合のみとなっており、1試合でも勝ち点を落とすと優勝することが難しくなる形式となっている。

そんな中、ラオトヨタFCは8試合を経過し、6勝2分で勝ち点20を得ており、残り4試合を勝ち続ければ優勝を達成することが出来る状況となり、負けられない戦いが続いている。

そのチームの中心には2014年から変わらず絶対的なストライカーである本間和生の存在もあり、ゴールを獲得するのみならず、サッカーの本場である欧州のリーグで12年戦い、培われた経験も生き、リーダーシップを発揮しながら、確実に勝ち点を重ねている。

残り4試合のみとなった、今期のラオリーグ1には本間和生率いるラオトヨタFCの残りの戦いにも注目だ。