モンテネグロサッカーに大貢献した日本人選手のスーパーゴール

37
Masato Fukui (L) of FK Kukesi vies with Austria Vienna's Felipe Pires (R) during the UEFA Europa League second Qualifying Round second leg football match FK Kukesi vs FK Austria Vienna in Elbasan, on July 21, 2016. / AFP / APA / HERBERT NEUBAUER / Austria OUT (Photo credit should read HERBERT NEUBAUER/AFP/Getty Images)

モンテネグロでサッカーは競争が高く求められて選手に対して全体のインパクトは当たり前。その中でバランスはとても大事。守備がしっかり出来てチームのゴールとアシストもやらなきゃいけない。
今回2人選手なスーパーゴールを紹介します。福井マサトは攻撃選手たげど守備は凄く出来てます。彼は自分のチームが優勝した年に優勝が決まる試合に87分で60メートルロングシュートをして1対0のヒーローになった。
映像
https://youtu.be/SEgu6xYjyHA

次の選手は加藤恒平。彼は中盤選手でチームが優勝した年にチームMVPとリーグMVPになりました。日本でフリーキックを蹴らなかったかモンテネグロで必死にロングボールとフリーキックの練習して新しい武器を作った。彼の守備は素晴らしくてプレーのバランスは最高。
映像
https://youtu.be/4aeBR6o1PIU
モンテネグロでステップアップしたい選手は練習から自分の目標までに新しいチャレンジ、新しい武器を作って結果を出さなきゃいけない。