モンテネグロのサッカー留学から継続にプロ選手は登場

1809

プロサッカー選手なる為に様々な条件をキリアーをしなきゃいけない。モンテネグロに来る選手は自分のある武器をこちプロレベルに合まで強化する必要がある。

選手は自分が持っている基礎技術、身体能力、

戦術を競争の形に持って行く。

このプロセスに選手は時間を使っている。留学期間で時間かたっぷりあって修正と自分の能力を上げる余裕があります。

現在モンテネグロの1部の4人選手と2部の1人は留学からプロ選手になりました。皆んは長期的に自分のキャリアを考えてもっと高いレベルを狙ってます。

前の記事レアルカンテラ所属選手の保護者から学ぶ「世界で活躍する子どもの育成方法」
次の記事2015年にクラブとの契約、大怪我、リハビリ、その5年後…