イングランドサンデーリーグ、リザーブチームの役割

64

イングランド11部で活動している我らのチームロンドンサムライローバーズにはリザーブチームがあり、サンデーリーグに所属している。23部イギリスにはあり、とてつもなくでかいピラミッドがある。

ある程度本気でフットボールをする人はサタデーリーグに所属し、フットボールを単純に楽しみたい、ハーフタイムには休憩の一服をしたいなどの人が楽しむのがサンデーリーグに所属する。

リザーブチームはサンデーリーグの3部に所属しており、トップチームと同じシステムの中にいる。

もしトップチームが2年連続で昇格すればまた別のリーグに参加することになるが、管轄するFAは同じである。

現在トップチームもリザーブチームも二位!

リザーブチームはほとんどがイギリス人で、日本人はコーチ留学できている留学生が、選手も楽しみたいという時に参加している。登録も簡単で、気軽に参加できるのが良く、更にイギリス人が多く語学学校では学べない本場の英語が聞けるのも良い。

怪我明けの選手や、新加入の選手を試合で試すのにも使えるので非常に良い。

サタデーとサンデーのチームがバラバラにならないようにすることも大事で、何のためのリザーブチームなのかを常にハッキリさせることが非常に大事です。

特にうちのチームではサンデーはサンデーで頑張ろうぜ!みたいな雰囲気になり、トップチームに選手を貸し出す時に渋ったりした事がある。あくまでもトップチームに怪我人が出た時に直ぐに同じフィロソフィーで、フォーメーションで同じトレーニングをしている選手を補給できることが一番大事な役割であり、先ほど述べたように、新加入の選手や怪我明けの選手がプレーする場所としても非常に大事。他には16歳以上のサムライのアカデミーから上がってくる選手を試す場としても非常に役に立つ。

更に良いのはこれは正直あまりないけどチーム内での競争力アップとしても役に立つ。

トップチーム


リザーブチーム