27 C
Tokyo
月曜日, 9月 25, 2017
ホーム タグ ソサイチ

タグ: ソサイチ

U14ソサイチシンガポール遠征3日目

いよいよ決勝トーナメント!vs JSSL Next Gen(シンガポール)、安定の守備と落ち着いた展開で相手を一歩も寄せ付けず、勝利。

U-12ソサイチ日本選抜シンガポール遠征【3日目】

大会3日目がスタート!バイキング形式の朝ごはん。栄養満点の食事を取り、負ければ終わりの決勝トーナメントに挑む!

U12・14ソサイチ日本選抜シンガポール遠征【帰国へ】

U12・14日本へ向けて飛行機の搭乗待ちです!子どもたち1人1人に刻まれたシンガポールでの出来事。

U14ソサイチ日本選抜シンガポール遠征2日目

今日の試合は午後からのため午前中はリラックスタイム。朝食9時と遅めにスタート。しっかり睡眠もとれ今日は万全の体調!

U12ソサイチ日本選抜シンガポール遠征【2日目】

大会2日目スタート! 予選リーグ残り4試合。上位トーナメントへ進むためにはどの試合も絶対に負けられない。 Eグループ予選リーグ 3試合目 vs Turf City(シンガポール) 1-0(ユウタ)勝ち 1勝1敗同士の対戦、お互いが上位トーナメントへ進出するためにここでの勝利が絶対条件。 試合開始から相手に攻め込まれる時間帯が続く。 相手の決定的なシーンが何度か続くが、GKミツキがスーパーセーブを連発!ゴールを決めさせない。 守護神の活躍に応えたい攻撃陣だか、なかなかゴールを決めることができない。このまま引き分けかと思われた残り2分。 ミツキのロングフィードから競り合ったマレが倒されFKを獲得。 相手が壁を作る際にできたわずかなスキをキッカーのダイゴは見逃さなかった。素早くリスタートし、後ろから走り込んできたユウタへパス!フリーでボールを受けたユウタが右足を振り抜きゴール!! この1点を守りきり貴重な1勝を手に入れた! Eグループ予選リーグ 4試合目 vs Bedok Youth Soccerites(シンガポール) 2-0(イツキ、ダイゴ)勝ち 10時にも関わらず気温は30度を超えた2試合目。 終始ボールを支配。多くのチャンスも作るがなかなか決めきれない嫌な雰囲気が漂いはじめる。 その悪い流れを切り裂くようにイツキのボレーシュートが決まる! その後ダイゴが追加点を決め、試合終了。 Eグループ予選リーグ 5試合目 vs ANZA(シンガポール) 1-1(ダイゴ)引き分け 2連勝と連続無失点で勢いに乗るU-12ソサイチ日本選抜と全勝でグループ首位を走るシンガポールの強豪ANZAの試合。 前線からのハイプレス、奪われた瞬間の素早い切り替えで相手に自由を与えない。 お互い決めきれない中、ピッチ中央でFKのチャンス! ダイゴの右足から放たれた弾丸FKがネットに突き刺さり待望の先制ゴール! その後は相手の長身、フィジカルを活かしたパワープレーの応酬。今大会はオフサイドがない。そのルールを最大限活かした相手の戦術。ゴール前で密集を作られる。GKの視野は妨げられ、DF陣も安易なクリアミスができない状況を作られ、何度も跳ね返したが1本のFKから決められ1-1。 その後はお互い決定機を作るものの両チームのGKが活躍しドロー。 Eグループ予選リーグ 6試合目 vs Indonesia Soccer School(インドネシア) 2-0(リンタロウ、タツキ)勝ち 予選リーグ最終戦。ここでしっかり勝ち上位トーナメントの切符を手に入れたい。 中盤で攻守に渡り活躍していたリンタロウのドリブル突破からのシュートで幸先良く先制! さらにクロードのクロスからタツキのゴールで追加点! その後も怒涛の攻撃で相手ゴールに迫るも追加点ならず、最終戦を2-0の勝利で飾りグループ予選終了。 昨日に比べ、明らかに攻守の切り替え、ボールへのプレッシャー、判断のスピードが上がった。 フィジカルではなかなか勝てない日本人。そこを技術と判断力、アジリティー能力の高さで勝負する。 この短期間で、子どもたちは海外の選手たちと闘う術を試合を重ねるごとに身につけ始めている。間違いなく日本では気付けなかっただろう世界基準の闘い方だ。 予選リーグの結果、Eグループ3位で上位トーナメント進出が決定! トーナメントの組み合わせ! 予選リーグを勝ち上がってきた強豪だらけ!どの試合も厳しい闘いが予想される。 午後はクールダウンのためプールへ!さらに近くのアラブストリートを観光! シンガポールで運命の相手に出会ったマレ(笑) シンガポールのお土産も購入!明日のトーナメントへ向けてしっかりとリフレッシュ! さあ明日からいよいよ負けたら終わりのトーナメント戦! 「シンガポールに遊びに来たんじゃない!優勝しに来たんだ!」 優勝トロフィーとメダルのお土産も日本に持って帰ろうぜ!

U14ソサイチ日本選抜シンガポール遠征1日目

いよいよASIA'S WORLD YOUTH CUP 2017開幕! ピッチに到着後、皆で自分達のベクトル、目標を再設定。 1.球際の闘い2.切替3.強い気持ち。そして絶対に優勝。 意思統一して、覚悟を持って挑んだ戦いがスタート! U-14カテゴリー(A〜Eグループ、全33チーム) Aグループ予選1試合目 vs Bina Tarna Cbubur(シンガポール) 結果 4-0(そうや、たかまさ、たくみ、りょうた) 緊張感のある雰囲気で第1試合目がスタート。お互い譲らず均衡した展開が続く。しかし、その均衡を破ったのはこちら。連続した繋ぎから最後はソウヤが押し込む。この1点で落ち着きを取り戻し、その後も点数を加え、危なげなく1試合目勝利!ただ、ミスや修正しなければならないことはまだまだ多い。 Aグループ予選2試合目 vs AKSIL2(チャイナ) 結果 2-0(そうや、たかまさ) 相手は非常にアグレッシブでフィジカルを効かせたサッカーで威圧。押し込まれる展開が続きながらも、後ろのタツヤ、ジュール、Wタクトが気迫ある守備と声がけによりなんとか粘る。そんな中、後ろの頑張りに前線選手が答える。相手の一瞬のスキをつき、ソウヤが相手と入れ替わりながら、上手くかわしてそのまま左足で流しこむ。待望の1得点。 その後もお互いの一進一退の攻防が続いたが、ラスト5分カウンターから最後は、浜タクトのくさびからタクミ、タカマサのワンツーで綺麗なゴールが決まる。2-0無失点での勝利! Aグループ予選3試合目 vs Garda Sakti Bali(シンガポール) 結果 1-0(浜タクト) 連戦による疲労もだんだんと濃くなり、非常に難しい展開が続く。しかし、闘志は一向に落ちることなく、皆でカバーし合いながら白熱の攻防をみせた。 お互い球際の闘いを最後まで挑み続け、同点で終わると思われたラスト1分、ショートカウンターで浜タクトがインサイドで巻きながらダイレクトシュート。 緩やかな弧を描いたボールは、GKの頭上を越え、サイドネットに収まった。 まさに気持ちで勝った試合だ。 Aグループ予選4試合目 vs JSSL CL1(シンガポール) 結果 5-0(たいち×2、たかまさ、りょうた、ジュール) 試合をするにつれ、コンビネーションや組織的なプレーが増え、修正もだいぶできてきた。この試合はまさにそれがはまった。安定した戦いで、明日の予選、決勝トーナメントを意識した試合運びができたのは大きな収穫だ。 無失点!そして4戦連勝! 昨日は夜遅くに到着し、睡眠時間が短く、炎天下の中での、しかもアウェイでの戦い。 しかしそれらを闘志と絶対に負けない強い気持ちで乗り切った。1点取られたら負けだくらいの気持ちを自分らに言い聞かせ、身体を張ったプレーの連続でゴールを死守。 初日ながら、選手達の素晴らしい頑張りには眼を見張るものがあった。 このペースで明日も戦おう! 試合が終わってからは、リフレッシュタイム!部屋でくつろいだり、ホテル1階のコンビニ、お土産屋にいったり、プールで遊んだり、、各々リラックスして過ごしました。 夕食は、フードコートで自分の好きな、美味そうな料理をチョイスしてシンガポール料理を堪能しよう!! のはずが、、みんな安定の日本食、、 うどんセット、、   さあ、明日は予選残り試合。ここで負けたら意味がない。しっかり寝て明日の戦いに備えます!

U12ソサイチ日本選抜シンガポール遠征【1日目】

今日からいよいよ大会が始まります! まずは朝食!しっかりと1日のエネルギーを蓄えます! なぜかカメラに驚くクロード!!(笑) 午後からの試合に備えて公園で身体を動かします! ホテルで見ていた先日のクラシコ「レアルマドリードvsバルセロナ」 スーパースターたちのムキムキな身体に憧れて筋トレしてます(笑) 昼食を食べ、試合に向けてミーティング! さあ、待ちに待った試合! 「ASIA'S WORLD YOUTH CUP 2017」開幕! U-12カテゴリー(A〜Eグループ、全34チーム) Eグループ予選リーグ 1試合目 vs Royal Selangor club(マレーシア) 1-0(アサヒ)勝ち 2試合目 vs Bangkok Soccer(タイ) 0-2 負け 接戦ながら初戦を勝利で飾ったU12ソサイチ日本選抜 2試合目の対戦相手は初戦を4-0で勝利しているタイの強豪クラブ! 試合開始から激しく球際に行くもののファールを取られなかなかリズムが掴めない中で2失点。その後も相手の猛攻を受ける時間帯が続くが、なんとかDF陣が身体を張った守備で相手の追加点を許さない。 この良い守備から段々と攻撃のリズムが生まれはじめる。 テンポの良いパス回しから相手ゴールを脅かすチャンスが幾度と訪れるが決めきれず、、、試合終了。 大会1日目にして、早くも思い知らされたアウェイ、アジアの洗礼。 日本とは全く違うジャッジの基準。フィジカルを全面に出してくるパワープレー。そして、数少ないチャンスを決めきる決定力。 試合が進むに連れて、相手、審判に対する適応力 相手のプレー、ジャッジの基準を瞬時に判断しプレーを変えれるか、、、 ゴール前で冷静にシュートを決めきれるか、、、 海外の選手はそういった部分で頭が良くずる賢い。そして大事な場面でメンタルの強さを発揮する。 今日の2試合から世界の強さを感じ取ったはずだ。この経験は決して無駄ではない。 試合直後は落ち込んでいたが、夕食の時には問題点を話し合い改善しようと前を向いていた。 明日は朝から予選リーグ4試合を闘う。強い気持ちで勝利を積み重ね上位トーナメントへ! 肉体的にもハードな日程だが、しっかりと休み明日に備えよう! 「勝ち上がって、今日負けたやつらに絶対やり返すんだ。」

U12・14ソサイチ日本選抜シンガポール遠征?【到着】

U12・14ソサイチ日本選抜 無事シンガポールに到着しました!!! 今はホテルで寝る準備をしています。 移動の飛行機では、映画にゲーム!美味しい機内食もしっかり食べました! さすがに深夜の移動ということもあり、普段は寝ている時間。元気だった子どもたちもおやすみモードです。 いよいよ明日からアジアの強豪たちが集結する「ASIA'S WORLD YOUTH CUP 2017」が開幕します! 同世代のアジアの選手たちを相手に自分がどれだけ闘えるのか、、、 日本と世界の違いを全身で体感します!!! U12・14ともに目標は優勝! 簡単な道のりではありません。 1つずつ成長しながら闘っていきたいと思います! おやすみなさい。

U23ソサイチ日本選抜 「タイ・パタヤ遠征」

2017/3/3 U23ソサイチ日本選抜メンバーが成田空港に集結した。 終始リラックスムードでタイに到着。 スワンナプーム空港からバスで約90分、パタヤにたどり着いたのは深夜。 各々睡眠をとり初日。 2017/3/4 a.m. 8:00 朝食後トレーニングマッチを行いに徒歩で「K FOOT BALL STADIUM」へ。 関西チームとのTRマッチで戦術、連携、ピッチ上で最終確認を行い明日の本番に備えた。 午後は各自、パタヤを満喫♪ 2017/3/5 タイ・インターナショナルカップ本番当日。 前後半20分ハーフ 順位決定戦を含め計3試合というハードな1日が始まった。 グループAのU-23ソサイチ日本選抜(Kanto)、 1試合目の Free domを相手に前半1-0で折り返した後、後半に畳み掛け結果大勝。 vs freedom 9-0 得点者: 大熊、三好、渡部、西沢、寺本、鎌塚×2、戸張×2 2試合目の Chonburi、結果だけを見れば圧勝。しかし後半の15分までは、どちらが主導権を握るか読み難いまま、最後まで気の抜けない試合内容であった。 vs chonburi 9-2 得点者: 戸張、長沢、鈴木、渡部×2、別府×2、寺本×2、 1位通過で予選リーグを終えたKanto、決勝戦の相手はGroup Bの首位、Lotus fc となった。 前半立ち上がりに先制を許したものの、西沢が得意の左足で強烈なフリーキックをキーパーサイドに叩き込み振り出しに。寺本の個人技からの勝ち越し点。しかし決勝戦、そう簡単にはいかない。Lotus Fc に追いつかれ再度振り出しに。スタジアム全体に緊張感が迸る中、大熊が値千金の3点目をもぎ取る。接戦が続くなか終了間際にもう一つのドラマ。ゴールを死守するなか必死のスライディングがアクシデントを生みエリア内のハンドでPKを献上してしまう。会場全体が見つめる重要な場面、決定的な時間帯でGK間野の劇的なPKストップ、勝負あり。 決勝vs lotus fc 3-2 得点者: 西沢、寺本、大熊 U23ソサイチ日本選抜(Kanto)の優勝が決まった。 ※試合詳細、フォト等は日本ソサイチ連盟サイトへ! https://www.jsl-selection.com/ 競技者として、とにかく、優勝とは嬉しいもの。 一生忘れない思い出となり、成長の糧となる。 大会参加者、選手&スタッフの皆さん、お疲れ様でした! ありがとうございました。

U23ソサイチ日本選抜(関西)タイ・パタヤ遠征

2017年3月3日(金)〜6日(月)。 U23ソサイチ日本選抜(関西)のタイ・パタヤ遠征が行われた。 1月に大阪で行われたセレクションや、1dayの大会、更には過去の選抜メンバーから集められた選手による、日本選抜(関西)が結成。 事前の国内活動を経て、冬並みの寒さが残る日本から一転、常夏のタイへと飛び立ったメンバー。   1日目は、午前中にトレーニング&日本選抜(関東)と強化試合。                           前日の移動の疲れを取ることと、タイの暑さに慣れることを意識したトレーニングに、次の日の大会を想定した20分ハーフのゲーム。   チームとしての戦い方、時間配分、味方の特徴を把握する為にも大切な時間。さすがに疲労感が見られたものの、チームとしての形が出来上がった。                                                     トレーニング後はタイ料理を堪能し、その後はフリータイム。 ショッピングや、パタヤビーチを楽しみリフレッシュ。   そして、2日目。 Thai International Cupが行われた。 全6チームによる大会。 3チームのリーグ戦から順位決定戦。                           1試合目VS Putaluang 2-2△ 2試合目VS Lotus FC 2-3×   2試合合計、1敗1分の勝ち点1 惜しくも予選2位となり、3.4位決定戦へ。   どちらの試合も惜しくも分けた、負けた試合となった。最後の1つ、気持ちが足りない。守備、攻撃、相手を上回るには相手よりも気持ち込めて闘うしかない。キャプテンを中心に叱咤激励し合い、必ず勝って日本に帰ろうと今一度気合いを入れた。   そして、3.4位決定戦。 VS Chonburi 8?5○   前半は5-1と大差を付けてリード。 ここ2試合、不発だった攻撃陣が大爆発。 しかし、後半は相手も息を吹き返し立ち上がりの失点を皮切りに一気に5-4に。 しかし、この状況にも選手達は慌てずに全員で気持ちを入れて戦い、結果的に8?5と接戦を制した。 予選の2試合を見ると、この8?5という結果は大きな成長の現れだった。 まさに全員の力で掴み取った大きな大きな勝利。試合終了の笛が鳴った瞬間は全員が歓喜に包まれ最高の瞬間だった。 もちろん、優勝を逃したことへの悔しさは全員があることは事実だ。しかし、それ以上に3位になった達成感を全選手が感じている。 終了後の選手達の顔からはやり切ったという充実感が滲み出ていた。   そして、遠征日程が終了。 あっという間に日本へ帰国した。 この活動を通した経験で、彼らが何を学べたかは分からない。しかし、それぞれにとって意味のある活動になったことは間違いない。 ここで集まれた出会いに感謝し、ソサイチを通して深めた友情と、ソサイチから学んだ経験を活かして、それぞれの舞台で活躍してほしい。

オススメの記事

人気の記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!