U14ソサイチ日本選抜シンガポール遠征1日目

206

いよいよASIA’S WORLD YOUTH CUP 2017開幕!

ピッチに到着後、皆で自分達のベクトル、目標を再設定。
1.球際の闘い2.切替3.強い気持ち。そして絶対に優勝。

意思統一して、覚悟を持って挑んだ戦いがスタート!


U-14カテゴリー(A〜Eグループ、全33チーム)

Aグループ予選1試合目

vs Bina Tarna Cbubur(シンガポール)

結果 4-0(そうや、たかまさ、たくみ、りょうた)
緊張感のある雰囲気で第1試合目がスタート。お互い譲らず均衡した展開が続く。しかし、その均衡を破ったのはこちら。連続した繋ぎから最後はソウヤが押し込む。この1点で落ち着きを取り戻し、その後も点数を加え、危なげなく1試合目勝利!ただ、ミスや修正しなければならないことはまだまだ多い。

Aグループ予選2試合目

vs AKSIL2(チャイナ)

結果 2-0(そうや、たかまさ)

相手は非常にアグレッシブでフィジカルを効かせたサッカーで威圧。押し込まれる展開が続きながらも、後ろのタツヤ、ジュール、Wタクトが気迫ある守備と声がけによりなんとか粘る。そんな中、後ろの頑張りに前線選手が答える。相手の一瞬のスキをつき、ソウヤが相手と入れ替わりながら、上手くかわしてそのまま左足で流しこむ。待望の1得点。

その後もお互いの一進一退の攻防が続いたが、ラスト5分カウンターから最後は、浜タクトのくさびからタクミ、タカマサのワンツーで綺麗なゴールが決まる。2-0無失点での勝利!

Aグループ予選3試合目

vs Garda Sakti Bali(シンガポール)

結果 1-0(浜タクト)
連戦による疲労もだんだんと濃くなり、非常に難しい展開が続く。しかし、闘志は一向に落ちることなく、皆でカバーし合いながら白熱の攻防をみせた。

お互い球際の闘いを最後まで挑み続け、同点で終わると思われたラスト1分、ショートカウンターで浜タクトがインサイドで巻きながらダイレクトシュート。

緩やかな弧を描いたボールは、GKの頭上を越え、サイドネットに収まった。

まさに気持ちで勝った試合だ。

Aグループ予選4試合目

vs JSSL CL1(シンガポール)

結果 5-0(たいち×2、たかまさ、りょうた、ジュール)

試合をするにつれ、コンビネーションや組織的なプレーが増え、修正もだいぶできてきた。この試合はまさにそれがはまった。安定した戦いで、明日の予選、決勝トーナメントを意識した試合運びができたのは大きな収穫だ。


無失点!そして4戦連勝!
昨日は夜遅くに到着し、睡眠時間が短く、炎天下の中での、しかもアウェイでの戦い。

しかしそれらを闘志と絶対に負けない強い気持ちで乗り切った。1点取られたら負けだくらいの気持ちを自分らに言い聞かせ、身体を張ったプレーの連続でゴールを死守。

初日ながら、選手達の素晴らしい頑張りには眼を見張るものがあった。

このペースで明日も戦おう!



試合が終わってからは、リフレッシュタイム!部屋でくつろいだり、ホテル1階のコンビニ、お土産屋にいったり、プールで遊んだり、、各々リラックスして過ごしました。


夕食は、フードコートで自分の好きな、美味そうな料理をチョイスしてシンガポール料理を堪能しよう!!
のはずが、、みんな安定の日本食、、

うどんセット、、

 

さあ、明日は予選残り試合。ここで負けたら意味がない。しっかり寝て明日の戦いに備えます!