U-15エリートプログラム spring タイ遠征大会1日目

69

いよいよ大会です!

まずは選手ミーティングと他クラブの試合観戦!

 

IMG_3982 (800x600)

IMG_3984 (800x600)

 

今回は限られた時間の中での戦い。なるべく選手達でコミュニケーションをはかり、

共通認識、連携を少しでも増やせるよう選手たちで率先して行いました。

 

 

さあ、まずは1試合目。相手は、クルントンブリ(タイリーグ、〈ディビジョン2〉の下部組織)です。

 

IMG_3991 (800x600)

 

立ち上がりから主導権を握り、早い時間帯でゴールがおとずれました。タカシ、ユウタの連携でサイドを崩し、深い位置からユウタがクロス。GK前にケイスケが飛び込みましたが、ボールは届かず。しかしそれが相手GKのファンブルを誘い、ゴールイン。オウンゴールとはいえ、この立ち上がりのゴールによって自分たちのリズムで終始戦うことができました。

いい形からのゴールもたくさんうまれ、終わってみれば8?0。内容に関しても即席チームとは思えないほどの出来でした。ただ、内容以上に点がとれましたが。。

得点者(OG、ユウタ、タカシ(2)ユウト(2)ケイゴ、ケイスケ)

相手が少し格下でしたが、反省点も多々ありました。守備時の連携、コーチング、サポートの位置、ボールのないときの位置取り…。細かい部分もしっかり話し合い次につなげました。

 

そして、いよいよ次はタイの浦和レッズと呼ばれているムアントンユナイテッドです。ここのトップチームはAFCチャンピオンズリーグにも出ているアジアでもトップクラスのチームです。もちろん下部のU-15もタイではベスト3に入る強豪クラブです。

 

IMG_3992 (800x600)

互角のスタートでしたが、徐々に実力の差が表れてきました。そして開始10分。綺麗な形で先制点を奪われてしまいました。ここからはもう相手ペースでなかなか主導権を握れず、苦しい展開が続きました。

IMG_3998 (800x600)

 

結局スコアは0?4。叩きのめされました。テクニック、判断力、フィジカル、スピ

ード、メンタル…全てにおいて相手が1枚も2枚も上をいっていました。

 

試合を終え少し話をしました。

「タイに何しに来たの?観光??サッカーじゃないの?100%自分を出せたの?本気で闘った?」

 

試合をしていて、そういった気持ちの部分を感じることができませんでした。本人たちも勝てる気、勝つ気がなかったように思います。

 

負けたのが問題ではなく、100%トライできなかった。ここに大きな問題がありました。プロになる選手は常に100%。言い訳もしません。どんな状況でも、限られた中で常に100%トライします。今回も食事が合わない、蒸し暑い、息苦しい、グランドがスリッピー、即席のチーム、相手が強い…たくさん言い訳することができます。勝てない要素もたくさんあります。

 

でも、本当に上にいく選手は一切言い訳はしません。どんなことがあっても最後の最後までやりきります。そしてきちんと結果を出します。そして、毎日毎日この積み重ねです。

 

今回のタイ遠征はそれがぎっしり詰まっています。そのことの大事さに気づいてもらいたいです。

 

明日の残り1試合のリーグ戦に勝てば、決勝でもう一度、ムアントンユナイテッドにリベンジできます!決して勝てない相手ではありません。楽しみにしています!!

 

試合が終わり、気持ちを切り替えてタイのカップ戦(日本でいう天皇杯)を観戦に行きました!

IMG_4005 (800x600)

バンコククラスVSバンコクFC の試合で1?0でバンコククラスが勝ちました。ゴールを決めたのは、日本人の猿田選手!タイでもっとも有名な日本人選手です!

非常に白熱した試合で、サポーターもかなりヒートアップして、みんなは圧倒されまくりでした。。

 

みんな真剣に見入ってます。

IMG_4012 (800x600)

 

※試合後、猿田選手と会ってみんなにお話をしてもらう予定でしたが、チーム事情で

時間が作れなくなってしまい、お会いできず…。残念。。。

 

 

気持ちを切り替え、帰りに腹ごしらえを。

 

 

IMG_4017 (800x600) IMG_4018 (800x600)

 

美味しく頂いたので、ドナルドにコップンカップ!

IMG_4020 (800x600)

 

※ただ、今日は試合からの帰り道、ユウタが腹痛をおこしてしまい、ホテルで休んで

いました。

 

夜、覗きに行くと

IMG_4022 (600x800)

 

こんな感じだったので、、、大丈夫なようです。。。

今は体調も良くなり、明日の試合には万全です!

 

 

さあ、明日もがんばろう!!!