コスタブランカカップサッカー スペイン到着

239
小学生のサッカー留学

スペイン到着!

長旅に次ぐ長旅、、、

それでも特に問題もなく。本当にお疲れ様でした、、
ドーハでは、結局、空港内の公園で3時間遊びっぱなしで、ついでに筋トレも。

鈍ってる身体にしっかり刺激をいれました!

勉強してる子も、、、素晴らしい。

マドリードでは、監督であるフアンホがお迎えに。

 

 

バス移動も終え、今日はこのまま就寝。

 

の、前にフアンホとミーティング。


フアンホ

「1番重要なことは、チームとなること。セレクションでバラバラのところから集まって難しいのはわかるけど、みんなでコミュニケーションをしっかりとり、一つにならないといけない。

そして、今回は素晴らしい経験ができる大会。その中で結果も求められる。寝る前に頭の中を整理し、今からどんな準備ができるのか、どんなイメージ作りができるのか。明日の試合だけを考えて、最高の準備をしないといけない。

明日朝、闘える準備のできた表情、目つきで会おう。」
みんな真剣な眼差しでフアンホの話しを聞きました。

今回は試合だけでなく、スペイン3大クラブであるアトレティコマドリードで長年U-12の監督をしていたフアンホが監督。講習会や試合分析をして選手達に伝えていきます。

これからに間違いなく繋がる貴重な経験です。

 


短冊にかいたように。

 

やるしかない。

 

有言実行だ。