【イングランド】プレミアリーグ以外の理由でロンドンへ留学すべき3つの理由!

107

サッカー留学やコーチ留学を現在ご検討中の皆様の中にイングランド、スペイン、ドイツ、イタリアなどサッカーが盛んな国から留学先をどこにすればいいのか悩んでいる方がいらっしゃるかもしれません。

そんな方々へ、今回なぜイングランド、ロンドンにサッカー以外の理由で留学した方が良いのか3つご紹介します。

理由①:教育レベルの高い国

世界大学ランキング上位10 校のうち、1位と2位を含む3校がイギリスの大学。教育に対して国家自体が非常に高い関心を持っており教育制度に力を入れております。もちろん大学のみならず語学学校へも力を入れている為世界中の国々から英語を学びにきます。

もちろん既にイングランドへ留学してきた選手やコーチ達が感じたと思いますが、イギリスは国として教育制度を上げるだけで無く個々に対しても教育の重要性が根付いている為、イギリスに世界的に高いレベルのオックスフォード大学やケンブリッジ大学等沢山あります。

この様なハイレベルの中でサッカーや語学が学べるのはやはり経済的にも安定しているイギリスだと思います。

理由②:論理的思考が身に付く

既に上記でご紹介した高いレベルの教育が成り立っている理由は、考える力を育てる教育がある為です。

留学前の方々に一度考えて欲しいのが、今まで小学生から学んできたことはどの様な教育だったでしょうか。

恐らくこの記事を読まれている方は留学に興味があり強い考えを持っている方だと思うので回答はわかると思いますが、そうです、日本の教育は未だ暗記力を中心に教育がされ受け身の形で幼い頃から育っているのです。

一方イギリスでは批判的に物事を考える様指導されており授業中に考える力を重点に幼い頃から訓練されているのです。

この様な指導は高校や大学に行かないと学べないのでは?と疑問に思われるかもしれませんが、選手やコーチとしてロンドンへ留学される方々はホームステイに滞在し、語学学校へ行き、チームに参加し現地のコーチやライセンスを取得する為、イギリスの教育で培われたロジカルシンキングをフルにサッカーというご自身が小さい頃からやってきた環境で学べる為、スムーズに論理的思考が身につきます。

サッカーの練習中の中でコーチになぜそのプレーをしたのか?コーチライセンスを取得中にそのセッションについてどう思うのかと質問され、目だけで判断するのでは無くそこから取り入れた情報を頭で考える癖をつける事ができ日本との違った環境で学ぶ事ができます。

理由③:コスモポリタンな町

そもそもコスモポリタンとは何??と思われるかもしれませんが、簡単に言うとロンドンには色んな国籍な方々がいると言う事。

ロンドンには898万人の方達が住んでいおりますが、なんと300国語が話されており270の国籍がおります。

どう言うメリットがあるのかと言うとロンドンにいてイギリス文化を学べるだけで無く世界各国の文化や言葉、友達が作れると言う事です。

他の国へ行くとロンドンに比べてその国の人しかおらずその国しか学べる事ができないのです。

サッカーを通して他の文化を学べるのはコスモポリタンであるロンドンしかないと思います。

簡単に3つの理由をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

イングランド、ロンドンにはこれ以上の魅力があると思いますが、サッカー選手・コーチ留学をする上でロンドンを留学先として選んで後悔はしないでしょう。

イングランド留学をお考えであれば是非お越しください!!