レガネスキャンプ2019〜7日目〜

67

レガネスキャンプ7日目!

今日はいつもトレーニングしてくれているコーチと一緒にサッカーの勉強です!

トレーニングコーチたちに日本選手に足りないものを聞くと、口を揃えて言うのが「戦術理解」

スペイン代表のセスク選手や、アトレティコvsバルサの試合映像を見ながら、チームとしてのルールや、動き方を学びます。

今後はシステムや選手の動き方に注目して試合を見てみよう!

こちらはファンホコーチ、ルベンコーチから世界で活躍する選手になるために大事なことを聞きました。日本でも指導経験のあるファンホコーチからは日本人の良さ、世界で通用する部分がある!自信をもってプレーして欲しいとアドバイス!

ルベンコーチからは、「監督が求める戦術やプレーを実現することが選手の仕事、監督は選手達の特徴を理解してベストな戦略を立てる!お互いにチームのために協力してベストを尽くすことが大切!」

最後は今日まで教えてくれたコーチたちにお礼を言って別れました!

そしてついにレガネスでのトレーニングも最終日!

カイト!

スペイン人の友達もできて、トレーニングにも積極的に入っていきます。練習後もカイトは大人気でした!

リヒト!

コーチが叫んだ色の方へ走っていくアジリティトレーニングでは、スペインでの青「azul」、白「Blanco」をしっかり聞き取って反応していました!

ユウマ、ケイシ、

こちらもゲーム形式のメニューが中心で、奪ってから素早いサイド攻撃がテーマ。激しい球際に怯む場面もありましたが、必死についていきます。

レン、シュン!

すこし雨が降って気温も低い中のトレーニングでしたが、週末の試合に向けた戦術の確認をゲーム形式で行いました。

アサキ!

5日間で1番レベルの高いトレーニングとなりました。スペインでは王道のポゼッショントレーニング。パススピード、テンポの速さ、球際の強さ、負けずに闘っていました。

今日でトレーニングは終わりです。

最初に比べると、選手たちも自分で考えてプレー出来るようになってきました。メニューの目的を汲み取り、どうプレーしたらいいか考えられるようになった選手は、日に日に良くなって行きました。

これをここで終わりにしないで、帰ってからも継続して続けていってほしいです。

球際は絶対負けない気持ちや、ボールを受けるポジショニングや体の向き、こういった部分は一朝一夕では向上しません。

ですが自分の頭で考えて、チャレンジしながらプレーすることは今すぐにできます。

これを繰り返していくしか方法はありません。ただの良い思い出ではなく、良い経験にしていってほしいと思います。

明日は朝から空港へ向かい、日本へと帰国します。