スポマネ関東同好会トレセン選抜「マドリード遠征」?

79

2日目

12月19日 8:00
まずはホテルで朝食。

欧州のパンは旨い。

移動の疲れもすっかり取れた模様のリラックスムード。


マドリード市内へ。



10:00

ベルナベウツアー

初入場、驚かないサッカー好きは、ほぼいないでしょう。

歴史、タイトル、ビッグクラブ、etc…キリがない。



12:15

ホテルに戻りラザニアで始まる休憩。

夜の第1戦に備えよう。


17:00

モラタラスの試合会場に到着。

19:00

予選第1戦


vs CD Canillas (スペインリーグ4部所属)


前半 0-1

後半 1-0 (日高)

相手の激しさ、威圧感、芯の太さやリーチ、欧州の選手を相手に初めてプレイする者に取っては難しい初戦。序盤、慣れるまでは多少押し込まれていた物の、決定的なシーンを与えない中で時間が過ぎる。前半30分、相手チームに負傷者が出た。対応で試合が止まり、再開した直後の一瞬の隙を突かれてPKを献上。前半を0-1で折り返す。

後半、スピードのある2人の日高、高橋を投入。試合は徐々に日本ペースに。25分、良い形でボールを呼び込んだ日高がペナルティーエリア手前で何気なくターン、マークされていた選手と入れ替わる、ナチュラルなシュートシーン、コースを巻いて狙った技ありミドルで同点。残り20分、ペースは完全に日本の手中にあったが決定的なシーンをモノにできない時間帯が続く。

ラスト5分、交代でフレッシュな選手を入れてきた相手チームの猛攻に合いながらも何とか踏ん張りタイムアップ。引き分けで終了。

※試合中の写真は後日、以下のリンクへ。

https://www.spo-mane-football.com/contents/category-toresen/

ポジティブに捉えれば「良く追いついた」。

ネガティヴに捉えれば「勝てる試合を落とした」。

明日のEDモラタラス戦で予選リーグでの順位が決まる。

勝利、予選リーグ1位通過を狙うためにも


明日に備えよう。