CSIイタリアスポーツセンターのフットサルコーチライセンスコースに参加

313

皆さん、お久しぶりです。

ユーロプラスインターナショナルイタリアサッカー留学の林です。

本日はイタリアのコーチライセンスコースの1つであるCSIフットサルコーチライセンスに侵入して、感じたことを皆さんにお伝えしたいと思います。

実はこのCSIは会員数がイタリアサッカー協会より、多いのです。驚きの事実。

昔のイタリアの子供達はみんな近くの教会、修道院の庭で、サッカーをしていたそうです。それがCSIの発端だそうです。

今日がコース最終日、レッスンのテーマはセットプレーとゴレイロのトレーニング!

セットプレーとゴレイロのトレーニング

フットサルの監督歴もある、元カルピ(セリエB)の監督ダニエレ・タッキニ氏が講師です。

参加者はおよそ10人!僕も真面目に勉強!!😉

ペレの言葉からスタートしました。

フットサルはボールのコントロール、パススピード、考えるスピードを養ってくれるとても重要なものでした。

ゴレイロの写真
セットプレーのトレーニングなぜ必要か??

2016年のワールドカップの26%のゴールはセットプレーからであり、そのうちの31、5%はコーナーキックとのこと。

ディフェンスについて

ディフェンス時はトライアングル・ディフェンスは基本

オフェンス時のアドバイス

パターンの数より質問が大事!成功する事で選手の自信に繋がる。

ペナルティーキック
コーナーキックの1つのパターン
ブラジル代表ののキックオフ時のセットプレー
キックイン時のセットプレー
長めのパスまたは短めのパスからのシュート

戦術的な事以外にも、練習の構成や選手のモチベーションの高めかたも、大事であるそうで、非常に勉強になりました。

戦術を知る前にコーチとして、知るべきことを学べるのもこのコースの魅力。イタリアのコーチは非常に考え方が人それぞれで、どんな方からも学ぶ事があるので本当に面白い!!

皆さんもコーチ留学をしてみては??

チャオ

前の記事2月からスペイン入り竹下選手!!
次の記事「ドイツ」ブンデスリーガのチーム紹介!ドイツサッカー界の模範的クラブ”SC Freiburg”