アジアトライアウトが間もなく開始

77

東南アジア各国の2019シーズンが終了し暫くが経ちました。タイリーグはチェンマイ・ユナイテッドが初優勝を飾り、カンボジアリーグではユーロプラスアジアの小林大介が所属するスバイリエンFCが優勝、ラオプレミアリーグではユーロプラスアジアの本間和生、大谷壮馬の2選手が所属するラオトヨタFCが3連覇となるリーグ優勝を達成しました。

引用:Svay Rieng FC Facebook page

多くの選手たちは日本に一時帰国し、束の間の休暇を過ごしている頃ですが、各クラブはすでに2020シーズンへの準備をすでに初めています。タイリーグの移籍期間は11月19日から2月10日、カンボジアリーグは12月9日から2月7日、ラオスが12月16日から2月15日となっており、12月から1月の期間がもっとも各クラブの選手獲得の動きが活発となります。

ユーロプラスアジアとしましてもより多くの選手がアジアでプロとしてのキャリアをスタートできるよう、各クラブと連絡をとり情報交換を重ねております。トライアウトでは馴れない環境の中、外国人選手としてチームに必要とされる強い選手が求められます。その中で心身ともにタフな時間になりますが、それを乗り越え多くの選手がプロとしてアジアでステップアップを果たせるようサポートしていきます。

引用:Lao Toyota FC facebook page