立花稜也選手の勝負!!

130

立花選手は3年3か月前に高校卒業後にモンテネグロにトライアウトして契約をとりました。

最初はユースチームに出てなかなかトップチームに出られなかった。やっぱり理由はありました。

技術を持っているが守備と一対一強さと継続のメンタルがなかったです。

彼はそこから逃げずに長期時間をかけって自分の足りないものを磨いた。

今はSH以外にSBとボランチのポジションをやっています。

今世の中が一番要求されているマルチプレイヤーになりました。

モンテネグロに若く来てしっかりぶれずに長期期間をかけて必ずプロ選手のステップができるように彼は証明してます。

彼の成長したプレーを見るととても嬉しいです。


立花稜也選手の感想:

最初にモンテネグロに来た時は、でかい、強い、激しい、技術があまりない、漠然とした考えですが、高校卒業したばかりの自分にはそれぐらいしか考えられませんでした。
今は、モンテネグロ人は身体を使う技術がすごくうまいので、足元の技術があまりなくてもそれでカバーできる選手が多い、一対一で負けてはいけない、球際が強いです!

自分が苦労したところは、最初に言った、モンテネグロ人は身体を使うことがうまいところで、逆に、僕に1番欠けているものがそれでした、どうやって身体をぶつければいいのか、キープはどうするのかが苦労したところです。


日本のサッカーは、チームで守備や攻撃をするところがいいですね!でも、サイドでの一対一の時、仕掛けない事が多く、チームのことを考えてプレーすることが第一優先な感じがします!
モンテネグロは、チームも大事ですが、自分で何とかして点を取るイメージです!
サイドで一対一になったら当然仕掛けますし、多少プレッシャーがきても自分で打開しようとします!1番大事なのは、自分が何ができるかってところだと思います!
これからの目標としては、まず、モンテネグロからセルビアや、クロアチアなどに移籍して、それから5大リーグに移籍して、プレーすることです!


立花選手のプレー編集:https://www.youtube.com/watch?v=ufbXnvbkuDI