金曜日, 12月 14, 2018

マンスリーアーカイブ 12月 2016

FITAドリーム選抜タイ遠征3

FITAドリーム選抜? 朝ごはんを食べ、いざ出陣! 二次予選グループリーグ 第2試合 vs SSCA(シンガポール)【結果】0-1 第3試合 vs BSL(タイ)【結果】3-2(オウンゴール、家永たく1、はるき1) お互いが1勝1敗で迎えた第3試合。得失点差の関係で勝たなければ決勝トーナメントに進めない大事な一戦。 2-1で試合を進める中、中盤の競り合いで選手が倒れ、ファールをアピールするも笛は鳴らず、持ち込まれ同点ゴールを決められる。 試合終了まで残りわずか、右サイドをドリブルで抜け出しクロス! これがラストチャンス! うまく合わせたシュートがゴールネットを揺した瞬間試合終了!全員がピッチに走り込みを勝利を喜び合う!この結果、二次予選グループリーグは2チームが勝ち点で並ぶも得失点差+1で2位通過が確定!決勝トーナメントへと駒を進めた!決勝トーナメント1回戦 vs Tohoku Japan Select(日本)【結果】1-5(たいしょう1) 東北選抜との日本ダービー!激しいハイプレスで戦う両チーム。気温30℃を越す常夏タイでの連戦で疲労はピーク。なんとか気力で1点を返すも試合終了。2日間を通して、日本では味わえないアウェイの空気、気温差、審判のジャッジ、同じアジアでも差があるフィジカルの強さ、長距離移動からの試合…。 なぜ日本代表がアジアで苦戦を強いられているのか…子どもたちが抱いていた疑問。 アジアチームとの対戦で、その答えを小さな体で感じてくれただろう。 この経験は誰でも味わえるものではない!しっかり日本に持ち帰ろう!午後は巨大ショッピングモールでお待ちかねのお土産タイム! カタコトの英語でもジェスチャーと気持ちで伝わった!? かっこいいユニフォーム!美味しそうな食べ物!たくさんお土産買いました! さあ、日本に帰ろう!

FITAツマゴイ選抜3

2016/12/4 「BSS INTERNATIONAL CUP」最終日朝、早めの朝食を取り、帰り自宅を終えホテルを後にし早速会場へ。天気:晴れ平均気温30度昨晩はまともな睡眠を取りコンディションは万全?予選リーグ残り3試合、決勝トーナメント。ここからが本番だ夏のツマゴイからエリートトレーニング、前日に構築した予選リーグ実戦の中での連帯感、集大成を見せる時が来た。第1試合 vs BBS 2002 TYL0-3 第2試合 vs BSL0-0第3試合 BBS 2002 United0-0予選リーグが終わり、ツマゴイ選抜、予選リーグ結果4位。上位4チームのみで行われる決勝トーナメントへ進出!本日の第1試合で当たった地元バンコクを代表するBBSとの対戦が決まった。相手は予選リーグを全勝している最強チーム、負ければ終了の一発勝負、全てを賭けた戦いに挑んだ。決勝トーナメント準決勝(予選リーグ総合順位 1位 vs 4位)vs BBS 2002 TYL2-0 (田中、遠谷)得点力が低下していたFW陣をテコ入れ。4分、これまで守備を任せられていた田中をトップ下に配置。裏に抜け相手キーパーを欺く見事な先制点、大仕事をやってのけた。CBの宮田を中心に、相手攻撃陣に自由を与えず、徹底した戦術で決定的なシーンを作らせない。11分、ここに来てFW遠谷が貴重な追加点を叩き込んだ。最後まで集中力は途切れず、大会最強チーム相手に完封ゲームで勝利!ホームのBBSを相手に最高のパフォーマンスを披露したツマゴイ選抜。下馬評の予想を覆し会場全体の空気を変えた。開催校には申し訳ないが、これがサッカー、一度やられたらやりかえす。チーム全員で準決勝をモノにした。決勝vs BSL...

FITA東北選抜タイ遠征3

大会2日目2次予選第2試合vs F-17(シンガポール)【結果】1-0(りょう1) 押した展開が続くも、なかなかゴールが奪えない。ただ、みんなしっかり3原則をやりきり、終了間際、りょうすけが弾丸ミドルをぶち込む。昨日朝は体調不良で本調子ではないなか、名誉挽回の一発!2次予選第3試合vs ESPZEN(シンガポール)【結果】2-0(しゅんどう2)絶対に勝って1位通過しなければならない試合。冷静な試合運びから終了間際に追加点。危なげなく勝利し1位通過を勝ち取る。決勝トーナメント、準々決勝vs DREAM JAPAN SELECT(日本)【結果】5-1(しゅうと2、ゆうや1、りん1、福ゆうと1)日本人対決、絶対に負けられない闘いを制して準決勝へ進出準決勝vs GFA(シンガポール)【結果】2-2→延長戦(1-0)死力を尽くした闘い。延長戦は、3vs3のサドンデスマッチ。これまでチームを引っ張ってきた、ゆうや、しゅうと、たくみで勝負に出る。数的優位をうまく作りながら個の力で、サドンデス後半ラスト、劇的Vゴール!!決勝進出!!決勝vs BSS(タイ)決勝に相応しい、激しい攻防で一進一退の状況が続く。均衡が破れないハラハラドキドキの展開、全選手で上手く交代しながら、まさに総力戦となる。しかし、相手も譲らない。また延長戦かと思われた終了30秒前、均衡が崩れる。ゆうやの足元に入ったボール。相手を食い付かせて右に交わす。その瞬間右足を一閃。弧を描いたミドルシュートがネットに突き刺さる。そのまま終了のホイッスル。TOHOKU JAPAN SELECT 優勝!!!今日は本当にギリギリの闘いの連続。 負けてもおかしくない試合もある中で、みんなの高い集中力と気持ちの強さで勝ち取ったチャンピオントロフィー!! この真剣勝負を勝ち抜けたことは、きっとこれからのサッカーライフに活きる、価値あるものになるはずだ。負けから学ぶことはたくさんある。しかし、それと同じくらい勝ちから学ぶこともたくさんある。 普段とは、環境も相手も全てが違う。ここでやったメンタリティを自信に変え、これからの人生に挑んでもらいたい。 みんな本当に良く頑張りました!大会後は、観光!しっかりタイを満喫。 さあ、日本へ帰ろう! 最後まで気を引き締めて!

オーシャンズリーグ選抜 プーケット遠征 4日目

遠征4日目、大会3日目となりました。 乾期とは思えないほどの天気で、今日も朝からジトジト雨です。 大会5チーム中5位となったため、3日目はトレーニングマッチを予定しておりましたが… 突然の予定変更により、なくなってしまいました。 よって、朝から紅白戦!1.5時間、練習、紅白戦をし、決勝戦を観戦しました。 優勝は、最終戦、3-3で引き分けたチームが優勝となりました。 大会後に閉会式があり、5位ですが表彰していただきました!! さすがにMVPはありませんが…その後、またプールに入り、うるさくて怒られました…。 今回のメンバーは本当に元気で、エネルギーが尽きません!!車で空港にむかいお土産タイムです!!個性がでますね。各自楽しみにしていてください!それでは今からプーケットより、羽田に戻ります。

オーシャンズ選抜 プーケット遠征 3日目

本日は2試合を戦いました。 まずタイにあるインターナショナルスクールBISとの試合。 昨日を繰り返しえさないよう、入りからばっちりで自分たちでミーティングしました相手は綺麗に繋いで来るサッカーです パスが上手くてもバイタルエリアにはいれさせないオーシャンズ選抜。 逆にFKをもらうもきめきれず結果0-2でした。敗因は4本しかないシュートです。続いて2試合目。タイの、両親がいない境遇の選手と試合です。彼らは昨年も戦っていて、いい選手がたくさんいます!!まず15分に4人ほどドリブルでかわされ、失点。しかし、22分にたくみが同点のFKをきめた!!後半になり、5分にセイラン、7分にゆうだいが決めるも、トータル3-3の引き分けとなりました。明日はトレーニングマッチの予定です。なんとか1勝を掴みたいと思います!!

FITAドリーム選抜タイ遠征2

FITAドリーム選抜?朝ごはんをしっかり食べ、散歩も行い準備OK!いざ大会へ!第1試合 vs AIFA(香港)【結果】1-0(えいたろう) 第2試合 vs ESPZEN 2005(シンガポール)【結果】4-0(こうしろう1、えいたろう1、こうすけ1、守屋たく1) 速いパス回しと前線からのハイプレスで2連勝のスタートダッシュ! 第3試合 vs Turf City FC(シンガポール)【結果】0-3 相手のロングボール主体の攻撃に失点を重ねてしまう。相手のフィジカルに勝てなかったのが失点へと繋がってしまった。世界のフィジカルの強さを体感した瞬間だった。 グループを2位で終え、二次予選グループリーグへ 第1試合 vs GFA Japan B(シンガポール)【結果】1-0(えいたろう1) 相手のロングフィードに対応し、完敗した試合から1つ成長した姿を見せてくれた。予選も残り2試合、しっかりと勝ち点を掴み取り、決勝トーナメントへと駒を進めたい。 夕飯はタイ料理!試合で使ったエネルギーをしっかりと補給!しっかり休んで、明日も全員で戦おう!

FITAツマゴイ選抜タイ遠征?

2016/12/3 「BSS INTERNATIONAL CUP」大会当日。ホテルで朝食を取り、その後、巨大ショッピングモール内にあるフードコートへ。さあ、リラックスの後は試合だ。第1試合 vs SSCA3-0 (鈴木崇人、鈴木翼、遠谷) 第2試合 vs GFA Japan B1-1 (遠谷) 第3試合 vs Sports BJ0-0 第4試合 vs HKIS1-0 (樽野)第5試合 vs MILAN SS...

FITA東北選抜タイ遠征2

しっかり朝食を食べ、散歩もして準備万端!さあ、挑もう!!第1試合vs Milan SS(シンガポール) 立ち上がりから全力でハイプレス。前から圧力をかけ、相手を威圧。その流れで得点を奪え、あとは、しっかりそれを継続。ただ、改善点はたくさん。今大会のコンセプトととして、?球際?切替?ハードワークこの3つを徹底。できない選手は使わない。みんなが全力でやれてます。【結果】7-0(ゆうや3、しゅうと1、たくみ1、福ゆうと1、多ゆうと1、) 第2試合vs BSL(タイ)【結果】6-0(ゆうや2、しゅうと1、たいち1、たくみ1、福ゆうと1、) 第3試合vs Tai Tam Tigers(香港)【結果】2-0(しゅうと1、ゆうき1) 予選3試合終了、1位通過。最後の試合は、スコアレスのまま試合が進み、バーに当てられるなどピンチも続発。ただ、球際の闘い、最後まで走り負けずにチャンスを決めることができなんとか勝利。 続いて、二次予選グループリーグ 第1試合vs APSS B(シンガポール)【結果】2-2(福ゆうと1、ゆうき1) あきらかに疲労がみえ、非常にタフな試合となった。相手チームのロングボールの応酬と審判のアウェイのジャッジでなかなか自分達のサッカーをさせてもらえない、、、。これがアジアの洗礼。この中で勝ち切る技術、メンタルを身に付けなければならない。非常に良い経験となった。 明日は、二次予選残り2試合。そして、決勝ラウンド。 やるしかない。夜は、タイ料理を堪能!! 本場の辛さも堪能、、、しっかり寝て明日にそなえよう。

MF深澤仁博がカンボジアンタイガーFCに移籍

 カンボジアリーグのナガ・ワールドFCに所属をしていたMF深澤仁博のカンボジアンタイガーFCへの移籍を完了致しました。深澤仁博は静岡学園高校から横浜マリノスへ入団しプロとしてのキャリアをスタート。CAリーベル・プレート(アルゼンチン)やCDテネリフェ(スペイン)などの強豪国のクラブにも在籍。その後はアルビレックス新潟、モントリオール・インパクト(カナダ)、バンコクユニバーシティ(タイ)、シンガポール・アームドフォースFC(シンガポール)、バンコクユナイテッドFC(タイ)、四海流浪(香港)、ボンタンFC(インドネシア)、ナガ・ワールドFC(カンボジア)など世界各地のクラブでプレーをしてきた経験豊富な選手です。そしてこの度2017シーズンに向けてナガ・ワールドFCから同国のカンボジアンタイガーFCへの移籍が完了致しました。カンボジアンタイガーFCでは特徴である献身的な守備とチームの為に走るプレー 、そして豊富な経験をチームに伝えるということも求められます。昨シーズンは6位という結果で終わったチームをどこまで引き上げ、引っ張ることが出来るか。深澤仁博にかかる期待は自然と大きくなりますが、必ず応えてくれることと思っております。

FITAドリーム選抜タイ遠征1

FITAドリーム選抜 無事タイに着きました!移動の飛行機では、美味しい機内食もしっかりと食べ、合間の時間には映画やゲームに熱中してました!タイに着くと「今から練習しますか?」という選手たち、みんな気合いが入っています!長旅の疲れが残らないように、しっかりと睡眠を取って、明日からの大会に備えましょう!世界のレベルがどんなものなのか…自分たちがどれだけできるのか…全力で戦って世界を感じよう!

FITA ツマゴイ選抜 タイ遠征?

2016/12/2 U-13ツマゴイ選抜、計12人が成田に集合した。向かうはタイ、スワンナプーム空港。バンコクで行われる「BSS International Tournament」に参加する。日本からタイまでの飛行時間は約6時間半。それぞれ、エンタメを楽しみながら到着を待つ。タイ航空の食事は、合うかな?現地での本格タイ料理の前に免疫を付けとこう。明日の午後には激しい試合がある。十分休んで、準備しよう。Enjoy Bangkok !

FITA東北選抜 タイ遠征1

タイ到着!!盛岡からの新幹線、まさかの強風で1時間遅れ、、、なかなかのあぶら汗ものでしたが、なんとか無事に到着!!初飛行機にビビり倒してる子もいましまが、、機内食もしっかり食べ、ゲームしたり映画みたり、、楽しそうにしてました。みんな、早く試合がしたい、タイに行きタイと、連呼してましたが、今日は移動づくし。そうは言ってもかなり疲れたと思います。ぐっすり寝て、明日からの大会に備えましょう! 今の自分がどれだけできるか。明日は全力で楽しもう!

オススメの記事

人気の記事